変態村の作品情報・感想・評価・動画配信

「変態村」に投稿された感想・評価

鴨

鴨の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原題が受難を意味することを考えると幻に自分の欲する何かを見る、一方的に愛を求める村人と、耐え忍び最後に慈悲、愛を与えられた主人公がどうこうととれはするのだけど、目に映るのは獣姦!ホモレ○プ!暴力!なので、詐欺的な「変態村」という邦題が結局正解なんじゃないかっていう。
Cem

Cemの感想・評価

4.5
ベルギーの寒々しい景色、静寂で暗くてじめっとした陰鬱な雰囲気とか最高!変態村というよりキチガイ村だよね。犬を探し続けるキチガイ、逃げた女房だと思い込むキチガイ。そんなキチガイのいる村で車故障する運なき男。ジジイのキチガイを見てニヤニヤする、そんな作品
最初のブリジット・ラーエが出てくる村も老女が誘惑してきたり、なかなか変な村で好きだな
題:そこまで変態じゃない

原題は『Calvaire』、「受難」って意味だそうです。

売れないシャンソン歌手がドサまわりの道中、村に迷い込み、
宿主と村人にヤラれちゃう話です。

変態宿主が宿泊人の対面する場面は、
変態映画の傑作『サイコ』を思わせるシーンがありました。
変態一家に弄ばれるシーンは『悪魔のいけにえ』へのオマージュが露骨過ぎてシラケました。

面白くなくはないです。
過度な期待を持たずに観ることをお勧めします。
ワ

ワの感想・評価

2.6
小学生の頃、親がこの映画を見てるのを見て、よく分からんけどキモイなと思った映画。
久しぶりに見たら本当に意味わからんしキモかった。謎の老人集団が横揺れで踊り続けるの、本当なんで???
この世で1番最悪なクリスマスパーティおっぱじめた時はカオスすぎて笑った。とりあえず分かったのは、マルクは正ヒロインで聖女…………本当グロリアって何だったんだ…………
紫翠

紫翠の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

こういうみんな狂ってるけど一応同じような狂い方はしてて、どうして集団行動できてるんだろうっていつも不思議になる。第三者に狂わされてるとか洗脳ならわかるけども、それがグロリアという女性のせいなの? 元々存在していて狂ったのか、そもそも狂っているからそんな人存在しないのか。でも統一性のある狂い方だからね。ただ変な人たち、関わらないほうがいいって片付けるには残念なような、もちろんマルクにはなんの関係もないから関わらないほうがよかったのは確かなのだけれども。
村の歴史とかを辿ってみたいかなぁと思った。それと多分、変態村って邦題結構適当じゃない?もう少し合ってるタイトルあるんじゃないかしら。

性的なものがみんなを狂わせているとか動物相手でも同性でもってとこだから何かの戒めというか、宗教に関係してくるのかなぁ。磔も。変態!で終わらせるのでもいいけど学ぶと深いところが見えてくるのかもしれない。残念ながら自分は詳しくないので観ているときなんとなくそんなイメージを感じた、くらいしかできなかったのだけど。これにはこんな意味があるって説明できる人の解説とかついてたらもっと深く楽しめた作品なのかもしれない。

もう存在しないにしろ、元々存在しないにしろ、誰でも愛した人に見えて気がつくことがないだなんて幸せだなぁとも思う。誰もマルクさんの言うことをろくに聞いてくれないのに、言え!言ってくれ!に律儀に答えるところが、人柄を表してるなぁって感じる。言わざるを得ないのだけど、それでも、すごく優しくて真面目なんだろう。助けを求めるときも、最初に誰にも言わないからってつけるとことか。アーティストとして個性とか大事にできる人なんじゃないかなぁ。

ホラー映画にしては珍しく、出てくる食事がとても美味しそうだった。ジャガイモのグラタン、食べたい。
好きなシーンは酒場でみんなぴょんぴょん踊り出すシーン。あれを結婚式場とか華やかな場所でドレス着てみんなでやってみたい。なかなかに不気味なメロディも聞き惚れちゃう。狂ってても人の心を動かす演奏をきちんとできるのがすごい。
ボリスさん?だっけ?犬を探してるってはじめて登場したときから、この人探してるのきっと犬じゃないなとか、きっとマルクを僕の犬って言い出すんだな!とかタイトルで想像してた。牛だった。

なんとなく気づいたんだけど明らかに異常でも楽しそうに暮らしてる人を見るのは好きみたいで、あんまり気持ち悪いってならなかった。動物たちとマルクさんは気の毒なんだけど、村人さんたちはあれはあれで幸せそうだからね。

結局色々考えても関わらないのが1番!になってしまった。こんなはずじゃなかった。
imapon

imaponの感想・評価

3.6
ホラーだというのに綺麗なねーちゃんが一人も出て来ないだけでも充分狂った変態映画ではある。女子に関しては冒頭に婆ぁとおばはんが出てくるからそれで我慢しておくれ。

酒場でおっさんたちが激しいピアノで踊り出したり、ベラを見つけたボリスを加えた4人での晩餐シーンでのグルグル回転などやたらGroove感のある映像。
酒場ピアノシーンでは最初にリズムを取り出す木偶の坊キャラが個人的にツボ。

2人の男のグロリアに対する思慕の念がちょっと切ない、忘れ時の.....
2500

2500の感想・評価

-
みんな狂人ワロタ
エンドロール最後(((震
sarasa

sarasaの感想・評価

-
私的にはグッ🤣🤣🤣🤣
2020.0919
監督ファブリス.ドゥ.ヴェルツ
出演ローラン.リュカ
  ジャッキー.ベロワイエ
ベルギーの老人ホームで慰問ライブを
終えたマルクは、次の訪問先、南仏へ
行く途中、車が故障して森の中で
困っているとボリスという男が
犬のベラを知らないか?と訪ねられる
そしてボリスの案内でペンションを
紹介される❗️ペンションのオーナー
バルテルは、快く留めてくれる‼️
バルテルは、車の修理と自分がかつて
愛した妻のグロリアの話をする❣️
バルテルは、車を荒らしマルクを
拘束し女装させてレイプし「妻の不貞」
を責めて折檻しクリスマス🎄に
歌う事を要求した😱

話がめちゃくちゃでぶっ飛んでるわ😰
出てくる男たち、みんなマルクの事
グロリアって言ってるし⁉️
酒場でひとりがピアノを弾き出すと
おっさん連中が急に踊りだす😨
ミュージカル⁉️
犬のベラを見つけたって言うから
犬かなと思ったら違うんかアィ😭
ちょっとウケタわ‼️

TSUTAYA TV
花芽

花芽の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

自分用

主人公がモテてモテて仕方ない映画でしたね!
最初から最後までモテモテ!

村のおじさんたちは男が女に見える呪いがかかってるけど、自分たちと仲間は男って認識してるんだよな…?
よそ者が女性に見えるのか???

解決しない、というか主人公そのあと大丈夫?ってなるけど、最後のシーンちょっと好き…

あとエンドロール後のあれは色々想像しちゃうね…
>|