けい

夢売るふたりのけいのレビュー・感想・評価

夢売るふたり(2012年製作の映画)
3.9
なるほど。気持ちの悪い映画。

なにが悪いかというと、人の弱い隙間に上手く入りこむふたりと、その二人自身の葛藤。どれも、こう気持ちの良い娯楽映画ではなく、気持ちの悪い人間味溢れた映画。

しかしまあ、人がころっと転がる瞬間というのは、なかなかにリアリティ。

気持ちが悪い映画を観たい時、というのもあるにはあるもので。たまにはこういう映画を観ることも、悪くはないと思う。