夢売るふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

夢売るふたり2012年製作の映画)

上映日:2012年09月08日

製作国:

上映時間:137分

3.4

「夢売るふたり」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.9
なるほど。気持ちの悪い映画。

なにが悪いかというと、人の弱い隙間に上手く入りこむふたりと、その二人自身の葛藤。どれも、こう気持ちの良い娯楽映画ではなく、気持ちの悪い人間味溢れた映画。

しかしまあ、人がころっと転がる瞬間というのは、なかなかにリアリティ。

気持ちが悪い映画を観たい時、というのもあるにはあるもので。たまにはこういう映画を観ることも、悪くはないと思う。
自分の店を立て直すための資金を、恋愛詐欺で稼ぐ。巧みな駆け引きに感心した。
西川美和監督。
観賞後レビューサイトを見て、いくつか気になった演出の狙いを知った。演出に込めた思いを読み取れるようになりたいなあ。
終盤の展開は忙しい。
ayaka

ayakaの感想・評価

-
いや。もう。すごすぎて。

なんだか二周くらい回って
プロフェッショナルなエンタメのように感じた。

愛のあり方が
ほんとに飛んでいく鳥のように
不安定そうでありながら、まっすぐで。

希望的というか、
夢があった。
阿部サダヲはこういう奥さんの尻にひかれたような役が似合うなぁって思いながら観てました!

妻(松たか子)は大金で好きな服買ったりブランド品を買うんではなくて夫と2人の店を持ちたい、
夫(阿部サダヲ)が作った料理を運びイキイキと最初みたいに働いていたい
水槽の中の魚に例えるなら
夫が水や酸素で妻は魚🐟

夫婦(妻)の意図的な心のすれ違い素直にならない妻の意地
やっぱり最初の浮気が許せず彼女を深く傷つけたのだと思った

全体的に陰湿さをうまく笑いに変え
ストーリーも上手く出来ていて
目が離せない作品でした

ラスト、やっぱり彼が好きなんだ、
彼の妻なんだと実感しました。。
見所となるシーンが続く。

このレビューはネタバレを含みます

取分可もなく不可もなくかな。主人公ふたりの目が合うシーンはどれも、主従関係が成り立っている時。私が思う夫婦関係(お互いを敬いあっている関係)で目が合うシーンは、遮断される描写が使われていてその度に気持ちがしゅんとなった。でもどこにでもいそうな、こんな関係を作っているような夫婦は沢山いる気がした。誰でもそうなりうると言えるというか。何にも言えるのだろうけど、結婚て続ける、事が大変だろうなとしみじみ思う。男女はお互い違うからズレが生まれる。お金に焦点を当てると、どうやって手に入れたかという事が使う時の感情に滲み出ると改めて感じた。物件見学の際に感情移入して気分が悪かった。人間の弱みをお金に変えて手に入れても、喜びは初めだけだろうなと。松たか子の冒頭の語りや演技にはとても引かれるものがあり良かったです。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.8
このキャストで面白くないわけがないと思ってみたけどその通りだったな

言い表しようのない不思議な関係性で結ばれた夫婦。
これをすぐに愛とか恋とか言っちゃうと一気に含んでたものが消える。
美しくないんだけど、平凡で人間味あふれる2人の人間を象徴する要素が散りばめられていて、特に松たか子の表情、視線、希薄で物語が決まってる
>|