浮き雲の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「浮き雲」に投稿された感想・評価

共に失業した夫婦がもがきながらも前に進む様子を描きます。
"もがきながらも"はその通りなのですがアキ監督の独特のタッチでそうした言葉は適当でない感じがして来ます。
大袈裟に泣いたり叫んだり感情を言葉や表情で過剰表現してこないし、背景の色彩が落ち着いているので「これくらい当たり前のことでしょ」と言われている気もしちゃいます。
二人の強さがジワジワと心に来る仕組みです。
silviawong

silviawongの感想・評価

3.5
美術設定と撮影の取り方がこだわり過ぎ、青調の画面とカラフルの設定で温かいレトロ感が良く出ます。普通な労働者の嘆きと社会の厳しさを繊細に描きました。
Tounai

Tounaiの感想・評価

3.8
7割かわいそうで辛かった…シンプルな細かい演出がいい。映画は人生。
アキカウリスマキの映画をたまにすごく見たくなる。なんとなく疲れてるときだと思う
【愛しのタチアナ】
喜劇の主人公は、いつだって真顔で真剣。
だからこそ滑稽に映る。
クールを装わせておいて笑い者にするとは、まあ酷だな。


【浮き雲】
自分で何とかしなければならない状況に陥ったときに、男は愚かであり、女は逞しい。プライドを捨てきれず、恥を恐れ、期待を胸に賭けに出る。そして失敗したら、酒に走る。女は黙ってそんな男を傍で見つめ、冷静に現実を対処していく。生ききることは骨が折れる。だから、価値がある。なんてこと、思えないこともあるのが人生。だから、おもしろい、他人事なら。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.5
好きな人と働いて、暮らしていく。
運がないなら運が来るまでそれなりに生きていく。そんでいつか運が向く…かもしれない。

失業してやさぐれた夫の肩に置く手とか、アル中コックが打ち上げの時にジュース飲んでるところとか、悲しいシーンにも優しさや努力が見えるのがいい。
素晴らしいなぁ。

今まで何回か借りていて、観ていたんですが寝ていたんですよね。爆睡です。
しかし昨日はコンディションも良くて、最後まで観れた「愛しのタチアナ」が良くて僕の中の「アキ・カウリスマキ」が覚醒しましたよ。

マッチの付け方にも何パターンかあって、少し真似してみた。今度花火する時この付け方でいこうと思います。。と長々と関係ない話をしてしまいました。
人生これから

失業した夫婦のお話。
なので、新年に観る映画じゃなかったかなぁ。
しかも、朝一で。
そんな事を思いながら、鑑賞していくことに。

映画が、どんよりしていて重い。
仕事をサボっていたわけでもなく、真面目にちゃんと働いていたのに運がついてないだけでクビになった夫婦。
まだ40代だから、なんとかなるさ。と前向きに職を探すけど。
人生は、そんなに甘くはない。

だけど、人生は悪い事ばかりじゃない。
きっと、良い事が待ってるはずさ。

新年という新しいスタートの始まり。
この夫婦の第2の人生の始まり。
今の時期に、ピッタリの映画でした。

この監督は、まだ2本目だけど、心地良い余韻がいつまでも残り続ける。
とっても、爽やかなラスト。
自分は、こういう映画が大好きだー。って叫びたくなるね。


そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来るわ。
あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるわ。
だから、今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう。

JASRAC

🍳1000まで、あと3🍳
レンタル
り

りの感想・評価

-
大げさな台詞回しとか好きなんだなわたしは初めて知った