凪

レイダース/失われたアーク《聖櫃》の凪のレビュー・感想・評価

4.2
スピルバーグ監督作品最初から観るぞ!第5弾。本当は「1941」が次の作品なんですが…はい、忘れてました。機会があったら観るかもしれません。

そんなこんなでインディ・ジョーンズシリーズ第1作目。
アドベンチャー映画のお手本のよう。聖櫃とか十戒の石版とか謎の仕掛けとかワクワクするんじゃー!

インディ・ジョーンズの何がいいかって、善悪とか関係なく「考古学に生きる男」なところなんです。
ヒロインより秘宝優先、結構な人数を殺めてますが特に悔いるシーンなし、とにかくひたすら冒険活劇!そしてかなりタフ。

対立しているのはナチスなんですが、悪役というよりお互いどちらが先に聖櫃手に入れるかの競争相手、という感じで重い要素がないです。
ヒロインのマリオンも勝気な女性で見ていて気持ちがいいですし、どの登場人物もどこか憎めないキャラ。

心に負担を掛けず楽しめました!ほんの少しのホラー要素も良かったです。
ディズニーシーのアトラクション好きな方にもオススメ。