青空のマリー

XYZマーダーズの青空のマリーのレビュー・感想・評価

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)
5.0
愛しかねぇ!!
はじまってすぐの修道女が箱乗り状態・猛スピードで車を走らせるカットでただならぬ"なんかよくわかんないけどヤバい感"を感じるけれど、これは一体どういうテンションでみる映画なんだ?と若干の手探り状態でみていく…のもほんの束の間、いつのまにかサム・ライミワールドに持ってかれる持ってかれる。
超最高。
鈴木清順もビックリの展示のドアをめくるめくシーンからのドミノのくだりと、マンションの扉からお互い正体を見られちゃまずい二人が顔を出しては鉢合わせてしまうことを散々繰り返すとこ、ラストの沈黙の誓いを守る修道女からの一発逆転の新聞記事、、、愛おしすぎ!
細かいギャグもいちいち愛おしい。
箱乗り修道女、こう繋がるんかーい!

大スペクタクル映画でございました。
『伊賀野カバ丸』『アイアンプッシーの大冒険』『突貫貫太』あたりのアホアホ映画がすきな人は是非。