XYZマーダーズの作品情報・感想・評価

「XYZマーダーズ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
「コーエン兄弟って、サム・ライミ門下だったのかー」という映画検定8級レベルの事実に驚きつつ、しかしより大きな家系図の中で言えば、やはりヒッチコック・チルドレンなのだろう。とんでもご都合主義なハッピーエンドの中に、様々なハリウッド映画のサブジャンルが貪欲に摂取され、いかにもポストモダンなB級メタ映画といったところ。
アタフ

アタフの感想・評価

4.0
なんだこれwwww無茶苦茶だけど結構好きかもwww

監督がサム・ライミ、脚本がコーエン兄弟というネームバリューで鑑賞したけど、予想よりはるかに変な映画だった。

ジャンルとしてはブラックコメディでしょう。
デトロイトの街中、フィルムノワールのような暗く霧がたちこめる雰囲気の中、2人の殺し屋から逃げる主役のヴィックとその意中の人ナンシー、
起こっていることは恐ろしい殺人なんだけれども、あまりにもコメディチックで全く恐ろしくない(笑)さらに演出は音楽は『トムとジェリー』のようなドタバタ感。ジャン・ピエール・ジュネ監督の『デリカテッセン』が雰囲気的に一番近いかな。特にデブな殺し屋が『デリカテッセン』の肉屋にそっくり過ぎて笑った。

ばかばかしい展開の連続に笑ってしまうが、終盤のカーチェースは意外と迫力がある!!車が2、3個大爆発してるし実は金がかかってる?エンディング曲がキュートなのも後味がいいですね。

くどすぎる展開と演出に目をつむればかなり楽しめる愉快な作品だった。上でも書いたようにジャン・ピエール・ジュネの映画が好きなら結構ハマるかも?
後半にかけておもしろすぎ!
のん

のんの感想・評価

3.5

死霊のはらわたチーム初のメジャー作品で、共同脚本にコーエン兄弟。

ライミ曰く“コミックの擬態語感覚を追求した”とのこと(プロダクションノートより)。

その通り「うるさいよ!」って位の効果音に悲鳴とフガフガの嵐(笑
くっだらないけど笑っちゃう。映像表現とストーリーの心のない感じにコーエン色強く感じた。

日本公開時はクリープショーと同時上映だったって、当時観た人羨ましい。
コミック的演出がサム・ライミの真骨頂。
324

324の感想・評価

3.5
意味不明な邦題が最高。スパイダーマンばりにスペクタクル。過剰な漫画的演出。安全なドアの破壊と修道女には笑った。ただもう2度と観ないと思う。
danyboy

danyboyの感想・評価

-
2017.8.
殺人の罪で電気いす送り寸前の主人公が語る真相とは。。
単純に楽しめます😊
ものすごいマンガ感。ドリフのような顔芸。80年代でこのギャグは当時でも相当古臭かったのではw 照明や美術がキッチュでかわいい。全体的に楽しくてかわいい。死霊のはらわたクルーでの初メジャー作品との事だけの映画会社との意見が合わず思い通りには行かなかったようだけどそんな感じは映画からは受けず。キャンベルはやっぱいいなー出てくるだけで面白い
コーエン兄弟の色が強くて
テンポがよかった。
>|