Masato

グッドフェローズのMasatoのレビュー・感想・評価

グッドフェローズ(1990年製作の映画)
4.4
マーティンスコセッシが実際にマフィア界で生きた男の半生を描く!

自分が見た中でもかなりのとんでもねぇマフィア感が出てました。
それくらいに率直にマフィアの描写をしていたし、綺麗に描いてない所が響いた。
マーティンスコセッシって子供の頃から、まさに主人公のヘンリーヒルみたいな感じでギャングに囲まれて育ったらしいね。だから、とてつもなくリアリティありました。実際のマフィアを見たことないけど、なんとなく誰でも感じるようなマフィア像。

テンポが良く、ポンポンポンと進むので、半生を描くというボリューミーさは感じるが、それでいて飽きない。145分の中でかなり詰め込んでる感じはする。

マフィアの栄枯盛衰物語って感じかな。
とにかくいろんな人が強烈で、デニーロはまだマシだなと思う。ジョーペシは典型的に描かれるマフィアみたいな(アルカポネみたいな)、おしゃべりでカッとなるとすぐ撃って殺す。
リオッタもマシだと思ったけど、だんだん狂っていく。
これがマフィアなんだなと思った。

憧れて入ったマフィアは、なんでもできる。脅して殺して金を得る。だけど、危険も隣り合わせ。
だったら、平凡に生きるほうが楽だよね。