グッドフェローズの作品情報・感想・評価

グッドフェローズ1990年製作の映画)

GOODFELLAS

製作国:

上映時間:145分

3.9

「グッドフェローズ」に投稿された感想・評価

デヤッ

デヤッの感想・評価

3.5
オープニングからカッコよくて引き込まれた。軽妙な語り口と音楽のおかげでどこかほのぼのしていて楽しくみれる。
青魚00

青魚00の感想・評価

3.9
映画みたいな本当の話 マフィアやべえな 途中捕まって獄中飯の下ごしらえ役に仲間も刑務所入るの最高
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.8
イタリア系マフィアの実録もの。
リアルなギャングを描いているのはスコセッシならでは。
デニーロ。ジョーペシ。はもとよりレイ・リオッタもイタリア系だと思っていたw
[R_C]
トミーのすぐキレて人を殺すってのより、ジミーの冷徹な殺しが怖かった。
ミッドナイトランのデニーロが好きやなぁ。根っこがいい人。
突然第四の壁破ってきたのは興奮した。
あーもー、ばかね。かっこいい‥よ
Zhivago

Zhivagoの感想・評価

3.4
ヤクザものとかマフィアものとか特に好きなわけではないから特段の感想はないけれど、
これが実在したマフィアの話だというのはちょっと考えさせられる。イタリア系とアイルランド系との違いとか。あと、なんとも命が軽い。ヤクザ映画は残忍かもしれないがここまで命が軽く扱われはしない。
残忍さと優しさの境界が分からなくなる。
この境界の不明朗さみたいなところがマーチンスコセッシの良さなんだろうな。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.8
「ゴッドファーザー」におけるコルレオーネファミリーがマフィアの表の世界だとしたら、こっちはよりアングラな世界を描いている。

前者はどちらかというと高貴な世界だったけど、こっちはもっと生々しく、より暴力的だった。

かなり歪な形をしながらも、いわゆる典型的なアメリカン・ドリームを抱えた青年ヘンリーが、血と暴力、金と麻薬にまみれた世界を圧倒的なスピードで駆け上がって行く。
ともに流れる音楽のセンスが素晴らしく、1ミリたりとも足を踏み入れたいと思わない世界をカッコよく彩っていて、観てて退屈しなかった。

何より、メイン登場人物のインパクトが凄い。
決してクライムアクションの様な派手なことはせず、暴力と恐喝により犯罪を淡々と犯す。
映画として地味ではあるが、ロバートデニーロ、ジョーペシ、レイリオッタの三者の存在感は凄まじく、裏のまた裏の世界を生きるということの狂気が、嫌という程伝わってきた。

終盤からは一転し、"グッドフェローズ"という、法に縛られない彼らをつなぐある種の「モラル」の崩壊を描く。

アングラな世界を、アメリカンドリームと共に駆け抜けたのヘンリーの青春は、彼の手によって否定され、崩壊する。
唐突に訪れるエンディングでは、ある種の切なさすら感じた。
Kyoshin

Kyoshinの感想・評価

4.0
目まぐるしい展開が気持ちいい。すぐ人死ぬけん気抜けんかった。
>|