グッドフェローズの作品情報・感想・評価

グッドフェローズ1990年製作の映画)

GOODFELLAS

製作国:

上映時間:145分

3.9

「グッドフェローズ」に投稿された感想・評価

デヤッ

デヤッの感想・評価

3.5
オープニングからカッコよくて引き込まれた。軽妙な語り口と音楽のおかげでどこかほのぼのしていて楽しくみれる。
Taikid23

Taikid23の感想・評価

3.8
ナレーションが心地よくテンポも良かった。
実話をベースにほぼ脚色無しで作られたとか。
特にレストランに入る時裏口から厨房を抜けていくシーンなんかとても贅沢な撮り方だった。
マフィアの楽しい部分とその反面恐ろしい部分が伝わってきた。
若い?デニーロもめっちゃ渋い!
派手なドンパチこそないけど、これぞマフィア映画!という感じ
テンポもいいし、痛々しいシーンも少なくてすごく観やすい
これ実話なのか…
ARAN

ARANの感想・評価

3.8
うーん、最高。くどすぎずさっぱりもしてないちょうどいいマフィア映画。なによりレイリオッタ演じるヘンリーと若かりしロバートデニーロ演じるジミーがめちゃんこかっこ渋い。実在した人物で実際に起こったことを筋としているストーリーなので重みが違う。気になって調べてみたけど映画中の出来事は全部現実で起こったことらしい。そう考えるとマフィアの世界ってやっぱり冷酷だよね。けどかっこよさもある。
生きるためになんでもする姿勢のヘンリーは映画的に嫌いだけど現実的に好き。トミーもクズだけどいい味出してるんだよなー。結局ポーリーが一番堅実でまとも、マフィアのなかでは。
shinobu

shinobuの感想・評価

5.0
久しぶりの鑑賞。カメラワーク、編集、音楽の使い方、演技どれをとっても超一流。

ジョー・ペシ怖すぎて笑える。
人を刃物で刺す時のサクッサクッって音を未だに覚えてた。

この映画はレンタル開始ぐらいにVHSで観たが本作がその後、様々な映画に影響を与えたのは間違いない。

グッドフェローズは1990年に公開され、それまでのギャング映画を過去の物にしたのだ。
ゴッドファーザーや仁義なき戦いやスカーフェイスはもちろん最高だが、感情移入出来て少しギャング憧れしてしまう人も出て来るだろう。だが本作に感情移入出来る人物はいないのがポイントだ。

スコセッシはマフィアの生態を動物のドキュメンタリーを撮るように感情移入はせずに追っていく。

ヘンリーは少年時代にマフィアをカッコ良く思った。そして、いつしか地道に働いて小銭を稼ぐのなんてダサいと思った。最初に逮捕された時に警官に口を割らない事でマフィアに認められたヘンリーが最後どうなるか。

奴等はグッドフェローズでもワイズガイでもないのだ。スタイリッシュでグッドルッキングだがそこはマフィア。
容易に感情移入させてはくれないしカッコ良くはないのだ。

最後にシド・ヴィシャスのマイウェイが流れる。
もちろん歌詞が奴等の人生を代弁するかのように使われてる。

シドはパンクのアイコン。パンクは70年代のロックを過去の物にしたが、60年代、70年代にイケイケだったアイツらの人生に1980年になると何が起きるか。

グッドフェローズとロックンロールの歴史を重ねて観るのも面白いなと思った。

さあ、いとしのレイラを聴こうっと。
マフィア映画なのに素晴らしいテンポと名調子のナレーション。そして、カメラワークに音楽と。どの点をあげても最高だ。また、デニーロ脇役はたまらない。
ロバートデニーロ最高に痺れるヨゥ
sunshine of your love流れる所で全身麻痺
映画史上稀に見るクレイジーなチビ
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
かなり面白かった!
裏切り裏切られ、勘繰り勘繰られのギャングスタの世界
>|