ペコリンゴ

レポゼッション・メンのペコリンゴのレビュー・感想・評価

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)
3.8
記録。
人工臓器の回収屋(という名の実質殺し屋)が自身も人工臓器となり追われる身になるSFサスペンス。
ちょうどいい近未来感が僕好み。程よい後味の悪さがあるラストも良い。
あの会社、ローンの金利高すぎてちょっと笑う。トイチってレベルじゃねえぞ。