JTK

レポゼッション・メンのJTKのレビュー・感想・評価

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)
2.0
焦点の定まらない凡作。一応、逃亡譚の要素もあるのだがスリリングさもなく、そして、エンディングは予定調和の極み。ジュード・ロウは綺麗で好きなのだけれど、これじゃあね。