あべま

レポゼッション・メンのあべまのレビュー・感想・評価

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)
2.9
人工臓器技術が進み人類の寿命が底上げされるも料金滞納すればその臓器は回収されてしまう。
設定的には面白いに登場人物みんな間が抜けててなんとも残念な作品だ。