レポゼッション・メンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「レポゼッション・メン」に投稿された感想・評価

MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.6
未来の人工臓器回収屋の話。

人工臓器を高金利のローンで貸付け、支払いが滞ると、強制的に回収=死

ジュード・ロウとフォレスト・ウィテカーがナイスコンビだった。

ラストはなるほどという感じ。
評価以上に好きだった。
グロさを含めて、おもしろかった。
臓器を扱う作品なら、
これくらい気持ち悪くないと◎
人工臓器のビジネスは闇。
tmk

tmkの感想・評価

4.2
私のレビューはジュード・ロウ贔屓の人間が書いているので信憑性はないです。

こんなストーリーを考えつくのがすごい。
医療がこれからさらに発展していけば人工心臓も神経回路を繋ぐのも不可能ではないのかもしれないし、こんな仕事も現実になるかもしれない。
だからこそ、この終わり方は恐ろしい。
こんなエンディング迎えるとは思わなかったからゾッとした。

でも私は死の間際にこんな男前にレポ(回収)されるなら臓器ローン組んだって構わない。
語彙力が及ばないが、厚い胸板と腕の血管のセクシーさがすごかった。

あと疑問なんだけど、看板とかにかなりの頻度で日本語が出てくるんだけど何故だろうか??
これ転売できてたらどういう話になったかね?と思ったりした。

臓器をローンで購入するという設定はなんか面白い。ブラックで社会風刺が入ってるぽくてよかったんだけど、細かいところはもうなんでもアリだな。

このビジネスが合法で成り立ってる背景がわかれば、もっとこの世界に入り込めたかもしれないけど、やっぱそこは社会派ではなくSFだからなのか、まったく気にせず話がどんどん進んじゃう。

ローンということは当然返済しなくちゃいけなくて。それが返済できなくなったらどうなる???

「衝撃の結末」と予告で謳ってた場面があった。確かに予想とは別の方だったけど衝撃というほどではなかったな。

だからといってそれがダメだったわけではなく
最後まで楽しめた。

臓器が転売できるという設定だったらどんな話になってただろうね。
くろ

くろの感想・評価

3.0
ジュードロウがかっこいい
ハゲがかなりいっちゃっててもかっこいい
SFだけど人情もの
友情、愛、家族
伏線がはりすぎてて、まさか、そうこないよね、って思い続けて、その通りに終わるっていう
近未来系

人工臓器であらゆる病気を克服した人類。しかし、高額な臓器のローンが滞ると回収屋がやってきて臓器を奪っていく。

これだけオチが見え見えの映画も珍しい
観ました。

吹き替えで観ると、回収屋のジュード・ロウとハゲタカのジョン・レグイザモが言い合いでジュード・ロウが「このハゲタカ!ハゲタカ!ハゲタカ!」っていうジュード・ロウの頭髪が気になる。
しかし、ジュード・ロウがタンクトップ姿になったところからめちゃくちゃかっこいい。
そして、終わり方が最高に好み。
おもろい。
けど、この世界では主人公が超悪なんだよなあと思う。
けど、良いSF。
hiirofish

hiirofishの感想・評価

4.0
ガタカが好きなら面白いはず

かなり壮大なストーリです。ガタカに出ていたジュード・ロウが主演です。
人工臓器とそれが当たり前になった世界で、臓器回収という名の殺人を淡々と実行していく主人公。
仕事なので仕方が無いと割り切る人柄ですが、自らが同じ立場になって、襲われる立場になってしまう。
ここからどうやって抜け出すのか。というストーリでした。
前半は細かく作られていますが、後半からマトリックスのような感じになり、
雑になったと思いましたが、最後にどんでん返しのオチがありました。
このオチの伏線が思い返すと、結構あり、なかなかしっかりまとまったと思います。
M

Mの感想・評価

3.5
[2019.12 #70]
最初っからあんなにグロくてさぁ…
回収するとこは最後まで慣れなかったよ。

ラストはかなりショックだった。