あきぴろ

ヒミズのあきぴろのレビュー・感想・評価

ヒミズ(2011年製作の映画)
5.0
劇場合わせたら3回目くらい。初めて観た時と印象が180°変わった作品。

原作がヒミズである必要性があるんかとか、震災の映像を入れる意味があるんかとか、当時はなんか色々言われてた問題作的なやつ。
個人的にはヒミズでなくても良かったけど、震災の映像はありやったんちゃうかなと。

冒頭から「牛乳の中の黒い蝿〜」とか言いだして、こんな不幸な中学生おらんやろ。と、思いたいとこやけど、震災の映像が非日常な事なんてないと、不謹慎かもしれんけど否応なく思い出させる。
監督の「希望に負けた」ってコメント通り、絶望しかない状況の人がより良く生きる為、頑張れって自分に言って奮い立たせるのは、なにもこういう状況の人だけではなく、世知辛い世の中で病気になった人への最高のエールでもあり、自問自答への答えとも取れる人間賛歌を謳ったええ映画やと思います。まる。ラヴィ。