ヒミズの作品情報・感想・評価

ヒミズ2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ヒミズ」に投稿された感想・評価

極限のなかでの若者のヒリヒリした感じは伝わってくる。
ただ演出過剰なところが多々あって、なかなか見続けるのが辛かった。。
二階堂ふみと染谷将太が良かっただけに残念。
生きるのって難しい、死にたくてたまらないし追い込まれるし意味わからないこと多いし金ないと生きていけないし誰かに愛されてたい必要とされてたい。それをぎゅっとした映画やと思う。
あんだけ可愛い二階堂ふみが前半全く可愛く感じない、この人は変やと勝手に思ってしまったからやし、変なものを見る目になってたから。よくよく考えたら人間の欲求を形にしたらこうだなって、好きな人には好きって伝えるし行動するし悲しかったら泣くし好きな人のために尽くす。気持ち悪い愛の形だなって。思った。
coco

cocoの感想・評価

3.6
等身大な映画だった。台詞こそ作ってる感が凄いけど、本当にそのままだった。
ヒ

ヒの感想・評価

5.0
一番好きな映画
かみ

かみの感想・評価

3.3
監督が誰かも見てないけど、原作の方が面白い代表作だと感じます。
やりたいことはわかるけど、何か青々しい。
映画だから見てられる登場人物のキャラクター。現実ならば絶対近づきたくない人種。私の周りにはいないけどもしかしたら、どこかにいるのかもしれないと思わせる世界観とか登場人物に吸い込まれる。少人数の小さな世界だから自分が普通じゃないと気づけなくなっていく恐ろしさ。他人の目を気にすることって煩わしいけど必要なのはそんな風にならないためか。かと思ってもあんな風に大切に思ってくれる人がひとりでもいたらそんなのどうでもいいんだから何が幸せは一概じゃないんだとつくづく思いました。




とても個人的な話だけどDVDがめっちゃ止まってイライラしながら見ることになったことがとても悔やまれる。きちんともう一度見直したい。

このレビューはネタバレを含みます

いつ隅田が境界を越えてしまうのか、恐ろしくて2時間緊張しっぱなしだった。
園子温はグロテスクなものが多いから、ひとつひとつのシーンが怖くて、なにが起こるかわからなくて見ながらずっとしんどかった。

人生なんていつ何が起こるかわからない。生まれてからずっと不幸な人もいるし、ある日突然不幸になる人もいる。不幸だと思わない人もいるだろうし、些細なことを不幸だと感じることもあるだろうし

常識や普通にがんじがらめになってしまって、自分で自分の道が分からなくなってしまう。

そんなの頭がおかしくなってしまう。

隅田には死ぬ選択の前に偶然だれかがいて、なんとか生きていられて。

そのくらいギリギリな人はたくさんいるのかもしれないなあ。自分も含めて。

生きるも死ぬも他人から与えられるけど、最後は自分で決断しなくちゃいけない。

どっちを選ぶ勇気があるのかなのかな
話題だったからいつだったか見たけどよう分からん映画やった
myt

mytの感想・評価

1.0
全体的に暴力的なストーリーで、音もいきなりうるさくなるシーンが多くて内容が入らない。殴るシーンが多過ぎる。
>|