ソラニンの作品情報・感想・評価

「ソラニン」に投稿された感想・評価

社会に出て行きたくないくて、モラトリアム継続中。

学校は卒業したけどこれといって就活に力も入らないし、とりあえずバイトでもしながら…みたいな人は結構いたな。あと留年するヤツとかも。
そんな大学時代の面々が思い出されて、あいつら何やってるかななんて、この映画見ながら思った。

何かが始まる前に終わってしまう。
そんな憂いを帯びた空気と、それを吹き飛ばそうとするバンドサウンド。
一緒に前を向ける仲間がいるのは素敵な事だ。
akira

akiraの感想・評価

-
この映画を見てからじゃがいもの皮を丁寧にむくようになった。
aika

aikaの感想・評価

3.6
記録用
にっか

にっかの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

曲がずるいんよ曲が😢😢まじ人生〜
宮崎あおいと高良健吾ええなあ〜

メモ:井上芽衣子と種田成男は会社員とフリーターで将来に不安感じながらも同棲中。芽衣子会社辞め種田もバイト辞めバンドに本腰入れることにするがレコード会社からのオファーはバックバンドとしてのもので拒否。芽衣子と種田はバラバラになるが元通りになる時種田事故り死亡。芽衣子がライブでソラニン弾いて引っ越しEND
村

村の感想・評価

3.9
いいなぁ〜原作のまんまジャーンって、感じだし生活感がエグくてひきそうになった。
まるみ

まるみの感想・評価

3.8
ビリーが好きだなあ
つい最近、原作を読んだばかりで、
「20代で出会わなくてよかった」と
ものすごい畏れおののきました。
30半ばの今だからまだ冷静に見られるけれど、
主人公たちとほとんど変わらない宙ぶらりんで過ごした20代の自分には
あまりにも刺激が強すぎたと思う。

とにかく原作の強さをこれだけ感じて、
映画にそれ以上を求めるのは酷だ。
それをわかっていても一応観たかった。

この心理があるから、
売れた漫画はすぐに映画化されるのだろうな。


ま、というわけで観ました。

そりゃどうしたって映画を製作する人々の苦悩を感じてしまうし、
原作を知ってる者が求めるシーンを
漫画通りにやらなければならないという呪縛。
本当にキツかったんじゃないかと思う。


実際、けっこう見ててしんどいとこもあったけど、
原作通りの和泉多摩川周辺の景観は、
私が2年も狛江に住んでて馴染みが深いこともあり、
実写で見れて嬉しかった。
もっとも和泉多摩川側の河川敷の描写はなぜか周到に避けられていたので、
なんか障害があったのかもしれません。
あまりにも画がきれいだから感心してたら、
カメラはなんと近藤龍人さんじゃないか!
納得!

いろいろ残念なところもありながらも、
やはり原作の強さは違和感を凌駕したし、
原作読まずに見てたらもっとハマったかもしれない。
Raida

Raidaの感想・評価

3.5
心が痛かった、私も大人になっても青春してたかったなあ。アコギより今はエレキ練習したい気分。
Hiraly

Hiralyの感想・評価

4.1
漫画が好きなので…

でも

こんなの曲がずるいじゃん。。
saku666ra

saku666raの感想・評価

3.8
これを見たのは大学生の時だったかな。
この時はまだ私も周りも
この主人公たちのような青春真っ只中を
生きてたから完全にはわからなかった、、

今ならわかる。
若いは楽しい、儚い、切ない。
色んなことがオーバーラップして
泣きそうになった。

ソラニンの意味は前向きに捉えたけど
やっぱり悲しい。
>|