甘味

KAMIKAZE TAXIの甘味のレビュー・感想・評価

KAMIKAZE TAXI(1995年製作の映画)
4.5
どうでもいい情報ですが、只今私の中で一億年振りぐらいに邦画ブーム到来中でして。久方ぶりにやって来たウェーブにテンション上がって、大好きな90年代モノ中心に一人邦画フェス開催しとりまして。で、何故か未見だった原田監督の奇跡の一本と評判の本作をこの機会に観賞した訳ですが…
こんな傑作を観ずして90年代邦画ファンを名乗ってた私はアホです。何やこの激シブ映画…!めちゃくちゃ面白いし死ぬほどカッコええ!センスが爆発しとる!!

内容は組に反旗を翻した若いチンピラと、彼と逃亡を共にするペルー育ちの日系人タクシードライバーとの交流を描くバイオレンス・ロードムービー…なんだけど、ちょっと一言じゃ片付けられないほど混沌としてます。
でもカオスな割に散漫な感じは一切なく、軽快なテンポで長尺にもかかわらず全く飽きない。色々ごった煮なんだけど、それが逆に一つの世界観を作り出してる感じで面白い。(調べたら、元々2本のVシネマだったのを1本に纏めて劇場公開した作品だそうな。なるほどなぁ)

しかし何と言っても私が一番心を鷲掴みにされたもの。それは他でもなく、台詞。
とにかくいちいちいちいちカッコ良すぎるんや台詞が…!!こんな粋な台詞の乱れ撃ち映画観たことない!!
チンピラ達男演じる目が死んでない染谷将太…もとい、若かりし高橋和也の台詞回しが超絶カッコよくて痺れまくった。初っ端からガッツリ濡れ場もこなしてて、ちょっと前まで男闘呼組で「ウォーオーオーオーウォーオーオーオーイッツタイムゾーン♪」とか歌ってたジャニタレの人とは到底思えない。若い頃からええ役者やったんやなぁこの人…(思えばジャニーズで成功した後辞めて役者でまともに食ってるのってモックンとこの人ぐらいちゃうか)
ミッキー・カーチスのキャラも最高だし、他のヤクザ仲間達も笑っちゃうぐらい男前な死に様。

そして日系ペルー人演じる、最初ペルー人に全然見えないんだけど最後は完全にペルー人でしかない役所広司。片言の日本語、飄々とした雰囲気の中に漂う無敵感。これはちょっとカッコ良すぎるやろ…完全にやられたわ。
Shall we ダンス?でブレイクする前にこんな素晴らしい役演ってたなんて知らなかった。過去に本人も「この作品で貰った賞が一番嬉しい」って発言してるみたいで納得。

私が90年代の邦画贔屓なのは自分の青春時代とモロ被りだからってのが一番の理由なんですが、これは年齢関係なく誰にでもお薦めできます。古臭さが逆にカッコ良く感じちゃうんだもん、凄い凄い。特に男性に観て欲しいな。

最後は観た人誰しもが真似したくなるであろう、カチコミ前の達男の台詞で締めたいと思います。

「特別攻撃隊、トマト隊隊長ミナミタツオ、血液型はRH-のAB型、もしも僕が流血したら誰か輸血を宜しくね、ただいまより離陸を致します」
「ブーーーーーーーーン!飛んでるけどトンでないよーーーー!ブーーーーーーーーン!飛んでるけどトンでないよーーーー!」

…カミカゼ野郎最高かよ。