釣りバカ日誌の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

釣りバカ日誌1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.5

「釣りバカ日誌」に投稿された感想・評価

初っ端から、釣れた魚の死にかけ具合に度肝を抜かれた。
その後の、浜ちゃんとみちこさんのベッドシーンにおける、黒い背景に白字でデカデカと表示される合体の文字にも度肝を抜かれた(どうやらこれは原作からこうらしい)。

所構わずタバコを吸う感じ、社長を筆頭に社員が歩く姿、ピンクのベストを着てる女性社員たちといった風景をみれるのがおもしろい(今はもうこんな風景見れないはず
BSでやってたのを何気なしに観ていたら、思いの外面白くて最後まで笑って観てしまった。
でもそこで終わるんか。続く前提の終わりか?

日本橋まで船で出勤いいなぁ。
石田えり可愛いなぁ。
BSテレ東一挙放送
毎週見るぞ〜
scotch

scotchの感想・評価

3.3
待ってましたテレ東一挙放送、また楽しみが出来ました。
石田えりが可愛い、理想の奥さん。三國蓮太郎もさすが味あります。

・とにかくこれですね。合体!(笑)
・釣りまくるスーさん。ただし釣った魚、ほぼ動かず。
・釣り好きになる資格
・勘違いする運転手
・一所懸命な社員ばかりの会社なんて面白くもなんともない。激しく同意(笑)
・鶏がら女

なんだかんだで人気者の浜崎伝助、羨ましい。中途半端なエンディングだが続編ありなのでよしとしよう。が、歌はいただけない(笑)
YUKARI

YUKARIの感想・評価

3.8
面白かったです。続きも観ます。
浜崎伝助 33歳 業績C 勤務態度C 統率力C 向上心C 協調性だけはA?

後に「男はつらいよ」に次いで人気シリーズとなる記念すべき第1作。
とは云え、公開は『男はつらいよ・寅次郎 サラダ記念日』(第40作)との同時上映であり、当時は一作完結予定であった。

「僕は君を幸せにする自信はありませんが、僕が幸せになる自信はあります。僕と結婚してください」
美知子さんがスーさんに明かすハマちゃんのプロポーズ秘話が良い。

改めて思うのは、東京は水路の都市だ。
ハマちゃんのような水上通勤をしてみたい。

190 2019 1988/映画館
ワタリ

ワタリの感想・評価

3.0
やっぱりみちこさんは石田えりが1番

戸川純はアーティストというよりこっちのがイメージ強い

結構亡くなった方々ばっかり出演していた

終わり方は理路整然とした感じではないものの良くも悪くもあの頃の映画だなぁという感じ
orion

orionの感想・評価

3.5
はまちゃん、スーさんのキャラがまだ確立しきってない感じがあり、それもまた味があります。
丘

丘の感想・評価

-
2019.10.12再鑑賞。
日本コメディ最高峰のシリーズ第一弾!
浜ちゃんとすーさんの出会い。誤解が重なり絡み合うけどやっぱり運命の2人!
30年以上前の作品を家族揃って笑いながら楽しみました。「この人佐藤浩市のお父さんだよ」「山瀬まみ変わらない!」「笹野さん髪の毛黒い(笑)」なんて話題がたえず。
また違う作品を家族みんなで観たいです。
>|