ドラえもん のび太の創世日記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の創世日記1995年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.4

「ドラえもん のび太の創世日記」に投稿された感想・評価

エモドランはかわいい
思い出補正込みの評価。
マイクD

マイクDの感想・評価

3.2
久しぶりのドラえもん映画。相変わらずの夏休みが舞台で、のび太が夏休みが半分過ぎた、自由研究まだやっていない!と嘆く場面では子供の頃に戻った気分に。出木杉君は多摩川の自由研究とはこれまた渋い。生命の起源や文明の発展など壮大なテーマを描いた作品です。石器時代、平安時代と時代ごとに話が別れてるのも特徴的。怪我したカブトムシのチュン子の話が好き。
なむ

なむの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

20180401:ドラえもんでしか描けない話。序盤の世界を創造していくドキワク感は素晴らしい。ただあまり盛り上がる事なく終わる。それはのび太達が作った世界でのドラマにのび太達は関係しないからなのだが、致し方なしといったところか。これは夏休みの宿題の観察日記なのだから、壮大な観察日記なんだと考えればこれでいいと思う。冒険は他の作品でいくらでも描いているし、今作では観察にフォーカスしている。こんな壮大な観察日記を映画にできるのはドラえもんだけ。
良かった
>|