Naoya

風たちの午後のNaoyaのレビュー・感想・評価

風たちの午後(1980年製作の映画)
2.3
共に暮らす2人の女性、美津と夏子。夏子は密かに美津に恋をしていたが、美津には恋人がいた。独り占めしたい一心で、ある行動に出る。ヒューマンドラマ作。同性愛を描いた物語。モノクロで、あえて人物の音声を絞った(小さい)音は、より物語に集中させ、2人の物語を感じられるような要素で興味深い。より夏子の密かな愛を感じられ、お互いの絶妙な距離感に興味を抱かせる。展開としては穏やかに感じるが、内容としては男女のドロドロしたドラマもしっかり描かれます。この物語を、恋愛の形が閉鎖的とされた時代に制作されたことは印象的。人が人を好きになり、行動するさまがリアリティ込めて描かれてます。