アンナ・クリスティの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「アンナ・クリスティ」に投稿された感想・評価

ameo

ameoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ニューヨークの石炭船の船頭クリス(ジョージ・F・マリオン)には二十歳になる娘アンナ(グレタ・ガルボ)がいるが、15年前にセントポールの農場に預けて以来、顔を合わせていない。ある日酒場で飲んだくれるクリスのもとに突然アンナが訪ねてくる。彼女は傷心の様子で二人はぎこちないながらも船での生活を始める。



監督はクラレンス・ブラウン。原作はユージン・オニールの1922年の同名戯曲。

サイレント期からの人気女優グレタ・ガルボの初トーキーということで、"Garbo talks!"と宣伝され映画も大ヒットしたそうです。淀川さんの話でよく耳にしていた、初登場の酒場でのシーンがやはり印象に残りました。ガルボの第一声もそうですが、ウィスキーやらビールやら皆飲みっぷりがいいこと。

トーキーに移行する際に、訛りや声質のせいで人気が衰えていく俳優も多かった一方、ガルボが人気を維持できたのも頷ける内容で、本人の特徴と役柄がうまくかみ合ったのだと思います。父親クリス役のジョージ・F・マリオン、その連れマーシー役のマリー・ドレスラー、水夫マット役のチャールズ・ビックフォードもそれぞれ味のある演技でした。

マリオンは1923年のサイレント版「アンナ・クリスティ」にも同じ役で出演していて、また1984年にはシドニー・ルメット監督の「ガルボトーク/夢のつづきは夢…」という映画もある様なので、これらもいつか観てみたい。
kyon

kyonの感想・評価

3.5
ガルボの初トーキー作品だなんて、惹かれちゃうよね。

ガルボ作品やっと手をつけた笑

この映画、ガルボ登場まで約15分ためにためてガルボを出さない笑

で、ドアからガルボ現る!
綺麗…。
それでふっとテーブルに腰かけて、”gimme a whisky!”の台詞とガルボのハスキーボイス。
ここは名場面。声がガルボについた瞬間。
あとはwellの言い方好き。笑

作品的な部分で言ったら、この作品のアンナはすごくトラウマや影を抱えてる女性で、ガルボの気だるい雰囲気が助長してる。
ディートリッヒの女性像はどちらかといえば、それを武器にしているというか、それすら越えようとするところにパワーを感じる。

あとはところどころ『サンライズ』意識してるのかなあ?
2人でジェットコースター→ゲーム広場、はまんまじゃない?笑
ハリウッドのスタジオシステムもすごいなと感じた作品。

壮大…。

水の主題があるのも、最近話聞いたばかりだったから、意識しちゃう。笑

だからこそ、この作品、ガルボとガルボのハスキーボイスを聞くだけでも価値はあると思う。
RikiOma

RikiOmaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

自分はこの映画で初めてグレタガルボを知ったが、彼女のなんと美しいことか。その美貌もさることながら、女性の奥深さを表現する彼女に一瞬でファンになった。
映画のストーリー自体はなんともいえず。アンナの告白を聞いた二人が、いかにして各々の葛藤を超えるのか、その過程にもう少し尺を与えて欲しかった。帳尻を半ば強引に合わせたので、結末が慌ただしかった印象を受けた。
scarface

scarfaceの感想・評価

4.1
"Gimme a whisky, ginger ale on the side, and don't be stingy, baby!"
この登場シーンのセリフには本当に痺れる。グレタ・ガルボ、初のトーキー。当時の人々は初めてガルボの声を聴いた時どんな事を思ったのだろう。伝説的作品。
|<