古池

いつも2人での古池のレビュー・感想・評価

いつも2人で(1967年製作の映画)
3.8
オードリーが動物の声まねが上手いことを知る。 車がおしゃれ。
冷めた夫婦。パスポートが無いと騒ぐ夫。すかさず出す妻。
出会いも、パスポート無いと騒いでいた。時系列入り乱れて、色々な時期の、二人の旅が描かれる。
高級ホテルで、こっそり食べ物を持ち込むシーンが、かわいい。オチも笑えます。
子育て期の夫は、けっこう酷いですね。
めちゃめちゃ面白いわけではないけれど、味わい深い。台詞も、皮肉がきいていて、洒落てます。
なんだかんだで、離れられないんですよね。二人は。
ラストの二人のやりとり、大好き。
もっと殺伐としてるか、もっとしんみり良い話寄りになるかと思っていたら、ちょうど良い重さ?ちょうど良い軽さ?
いや、でもこの二人は意外と愛しあってる。
結婚記念日に観たい。一人で 笑

結婚記念日に観たい邦画部門は「グッド・ストライプス」です。