テイアム

十三人の刺客のテイアムのレビュー・感想・評価

十三人の刺客(2010年製作の映画)
3.9
 1963年の『十三人の刺客』を、三池崇史監督、役所広司主演でリメイクした集団抗争時代劇。 
 原作を知らずとも十三人の辿るおおよその顛末は観客の多くが予想の致す所ではあるが、それでもなお余りある魅力がこの映画にはあった。
稲垣吾郎演じる松平斉韶の暴君ぶりは、観客の持つ良心を逆撫でし、主人公・役所広司扮する島田新左衛門の感情の高まりを観るものに覚えさせ、終盤に控える命を賭した大博打に向けて武者震いとともに覚悟を決めるに充分な迫力を秘めていた。それは女性や子供に対する残酷な描写による嫌悪感から来るものに加え、稲垣吾郎の元来からの冷たい表情と抑揚の少なさという自分の長所を上手く活かした怪演が上手く噛み合った結果だと言えるだろう。
 主人公を演じた役所広司の「天下万民のため」に刀を抜く姿と、その前に立ちはだかる市村正親の「主君に仕えることこそ武士」という信念を貫く姿。ライバル心剥き出しの二人の眼は予想以上に熱く、どちらも「侍」としての意地と自らが信じる「正義」にブレが無く、両者ともに共感を覚えずにはいられなかった。
集まった13人全員のバックボーンを描くには少々時間が足りなかったようだが、各々が魅せる最期は、「300(スリーハンドレッド)」で描かれた「テルモピュライの戦い」のそれよりもなお血生臭く、泥臭く、美しさとは無縁の、ただただ男臭い義憤に満ちていた。
特筆すべきは、松方弘樹の場馴れ感と言うか、際立つクオリティの高さ。長年時代劇をやってきただけあり、台詞の発音はいかにも自然。「~でござる」という言い回しさえ違和感を放つ数人の若手俳優たちの『コレじゃない感』が時折垣間見える中、彼の存在感は別格だった。特に顕著に表れたのは殺陣における刀さばきで、彼には無駄な動きが無く、芯の太い安定感、コンパクトに立ち回るその動きは他の侍とは比べ物にならないものだった。時代劇とは正に「芸」そのものなのだと思い知らされる瞬間である。長年培ってきた彼の安定した芸は、作品全体に亘りこの長丁場を程良く締めてくれたように思う。
 リメイク前の作品を観ていないので比較しての意見は言えないが、物語の厚みに反して差し込まれる三池監督のいつもの「下ネタ」は個人的にあまり好みではなかったし、作品としても蛇足でしかなかった。冒頭から順調に蓄積される憤怒の感情と徐々に張り詰めていく心地良い緊張感が、余計な下ネタにより途中途中で緩んでしまう。
加えて若い俳優数名の整い過ぎた眉毛にも、少々残念な気持ちを抱くことになった。彼らにとっては《作品の統一感<自分の見た目》なのか。

久々に邦画で楽しめた2時間超。こういう、どこかで振り切れた作品が多く生まれてもらいたい。