ササオカタクヤ

十三人の刺客のササオカタクヤのレビュー・感想・評価

十三人の刺客(2010年製作の映画)
3.6
豪華キャストの俳優陣が皆素晴らしかった。合戦シーンは見応えあり。
特に役所広司と市村正親の一騎討ちは素晴らしい。稲垣吾郎の悪役ぶりに驚愕。
しかし前半部分はしばらく夜のシーンが多く、映像が見にくいのがネック。