いつの日も風見鶏

十三人の刺客のいつの日も風見鶏のレビュー・感想・評価

十三人の刺客(2010年製作の映画)
3.9
命を懸けた人生最大の賭け

「この賭けに勝てば誰かに感謝されるかもしれない。」
なんと武士らしい台詞なんだろう。
この作品をみて黒澤監督の「七人の侍」を思い浮かべた人が多いのではないのでしょうか?人を多く殺めてきた侍の最後の死に場は「正義」のためでありたいという動機こそまさに「七人の侍」。

日本が無法地帯となり戦国の世に突入するとき、自分の地位や財産、身を守るために生まれた自警団こそ武士の源。
誰かに仕えるその生きざまに美徳すら感じます。

最後の殺戮シーンは地獄絵図。
しかし生死を懸けた本当の戦とはこういう状況だったのだろうと思うと、三池監督流石だなと思ってしまいます。

久しぶりに邦画を見たけど、面白かった。俳優がとてもよかった。
松方秀樹の剣裁き。
役所広司の円熟した演技。
そして脇を固める実力派俳優たち。
いいものみた。

黒澤作品みたくなった。