十三人の刺客の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「十三人の刺客」に投稿された感想・評価

tktower

tktowerの感想・評価

4.0
出演者それぞれ褒めどころはたくさんあれど、松方さんが持っていくこと持っていくこと
伊達じゃない、って言葉はこの松方さんにあるんじゃあないかと
最後の戦うシーンもカッコいいが、

自分的には仲間を集めていく過程も好きです。
命を捨てる覚悟を決める男たちのそれぞれのセリフがグッときます!

キャストがびっくりするほど豪華すぎる!それだけでも見る価値あり!

ゴローさんの悪役ぶりがまたこちらの感情を高まらせてくれる!
ハマリ役です!

楽しめました!
ニコリ

ニコリの感想・評価

3.7
圧倒されたがスカッとした。なんといっても稲垣吾郎さんに驚かされた。
稲垣吾郎がハマり役。イかれた殿っぷりがビンビン伝わってきた。
おてて

おてての感想・評価

3.0
豪華!
2度くらいみたきがする。
それぞれの人生の背景とかを想像するのもまた楽しい。
いち

いちの感想・評価

4.5
稲垣吾郎と松方弘樹につきる。
しかし松方弘樹ってすごいんだな。
これだけの役者がこれだけのアクションしてるのに松方弘樹の一太刀の存在感に勝てないとは。
ふー

ふーの感想・評価

-
結構好き
やっぱ稲垣吾郎は気持ち悪い悪役みたいなのがハマる

こういう映画観ると正面突破だけじゃなくて頭を使った戦い方しててやっぱ作戦大事だなと思う
あとそれぞれ別のかっこさがあるんだけど最後「お前生きてんのかよ!!」ってなるところ好き
戦わなければ,変わらない。命を燃やせ。

主人公側の十三人
沢村一樹・六角精児・古田新太・波岡一喜などなど、結構なメジャー俳優も名を連ねているが、役所広司と松方弘樹にしか目が行かなかった
敵役の稲垣吾郎
狂気に染まった悪逆非道っぷりで敵役としてはハマっています。
到底無理と思われる難題を、老中より投げかけられた島田新左衛門は義憤に満ちて立ち上がる
さまざまな理由で同士が加わって行くが、いかんせんまさに蟷螂の斧
私利私欲からではない
正義の戦いが始まった!
ロケはかなり大掛かりなセット
まるで忍者屋敷のごとくに、神出鬼没に十三人は立ち回り敵を翻弄
テーマは重いですが、娯楽作とも言えますね
何回も観たい作品です。
1963年に製作された13人の刺客のリメイク作品‼️
主演は役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、松方弘樹と豪華です(*´꒳`*) オリジナル版より残酷なシーンが多いんです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

今オリジナル版もちょっとずつ観賞してるんですけど(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
セリフがなに言ってるかわからないんですw
昔の映画なんで、音声もそうなんですけど、セリフも独特でね(・Д・)
昔の時代劇映画なのでセリフも今みたいなわかりやすいセリフではないんですよね(・Д・)
やっぱりこのリメイク作品の方が観賞しやすいですね(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

伊勢谷友介さんの山の民。木賀小弥太の笑えるシーンやおいおいと思うシーンがありますw

まず山の民の木賀小弥太このキャラはちょっと馬鹿ぽいんです(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
木の板で頭を叩かれても、平然としてるしw
女とのエッチなシーンも印象に残ってるw
木賀小弥太の性欲が凄いのかw
女性たちが全滅し、もろ足りない(・Д・) で最終的には、宿の亭主とやっちゃうというオチ...。
ここ最近の三池監督作品では最高‼︎
なんで、日本映画界はこの監督に実写映画を撮らせんだよ!もっと大空に羽ばたいて 欲しい。
そんな風に感じずには居られないくらい
今作は良かったなぁ〜〜
お家芸のスプラッタ、残虐描写はもちろん
役者陣の死線を越えてきたであろう
修羅の目力と気迫が凄まじい。
特に役所広司。この人は恐ろしい。
対する市村正親の方が普遍的な主人公に
すら見える。
自分の思う正義を成すための大虐殺。
一見やってることはどちらも同じなのだが
物理的な信念のぶつかり合いでの
クライマックスシーンが熱い‼︎
泥にまみれ血にまみれ臓物撒き散らしながら鬼神の極く戦う十三人の刺客達の散り様
かっこいい〜〜
元の1963年版も気になるわ〜