十三人の刺客の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「十三人の刺客」に投稿された感想・評価

あん

あんの感想・評価

4.5
SMAPファンなのになぜか観てなかったやつ。吾郎さん私が観た映画、ドラマを通して間違いなくベストアクト!もっと早く観るべきだった。人名とか難しくて字幕必須でしたが、最後まで飽きず面白かった!

何気にキャストも豪華。十三人は勿論、平幹二朗、松本白鸚当時幸四郎、内野聖陽等々。若い斎藤工も出てた。でもやっぱり吾郎さんのバカ殿いやクズ殿、というかサイコ野郎、最高。殺戮の惨状にニヤっとする恐ろしく美しい微笑みとか、最後の泥と血にまみれる姿とか、吾郎さんをキャスティングした人、この役を受けた飯島さん、素晴らしい。

吾郎さんはノーブルな雰囲気とか容姿や髪型で、結構スカした役が多いし、またそれが似合うんですけど、パブリックイメージと違う色んな役も演じて欲しい。
以前、ゴロウデラックスでムロツヨシと小芝居みたいなのをやった時に、それまで楽しくトークしてて芝居ってなったのでムロさんはちょっと照れがあったのに対し、吾郎さんはスパンと切り替えて役に入ってて、上手いなと。

やっぱりSMAPって生放送とかコントとか色んなことを経験されて、ちょっと普通の役者さんとは違う才能を演技に活かせると思うんですね。他にはない華とかオーラみたいなのも良くも悪くもあるし。そういう、なかなか得難いものを持ってるSMAPメンバーを使わないのはもったいない、としみじみファンは思っております。

SMAP待望論になってしまいました笑。
吾郎さん以外でいうと、やっぱり松方弘樹の殺陣。なんだろう、何が他の役者と違うんだろう。体幹がしっかりしてて、重くてどっしりした太刀、力強くて美しい身のこなし、本当に映える。遠山の金さんを今見たら、スゲーってなるんだろうな。

今、殺陣がカッコいい役者っているのかな。そもそも時代劇の殺陣シーンがあまりないのか。人気俳優が殺陣をちゃんと学んで、カッコよくて面白い時代劇映画をきちんと作っていって欲しいな、と思います。
RamenMan

RamenManの感想・評価

3.3
松方弘樹の殺陣だけ周囲と迫力が段違い。
そして稲垣吾郎の怪演っぷりが見事

このレビューはネタバレを含みます

落合宿での戦いは見応えあり。面白かった!
しかし吾郎ちゃんの完全なる悪役っぷりは凄かったなー。
ちなみに一番恐怖を感じた吾郎ちゃんは犬食いする吾郎ちゃん。
あれ本気で恐かった。
Sugarcubes

Sugarcubesの感想・評価

4.2
稲垣吾郎氏の怪演ぶりが予想外に素晴らしい。
「みなごろし」のシーンはなかなか衝撃的で脳裏にこびり付く。
松方弘樹の殺陣は流石。
伊勢谷友介の部分は要らなかったかな。
後半は失速した印象だけど面白かった。
なんやこのシーン?みたいな所もあったけど、クライマックスは圧巻。
「みなごろし」
「斬って、斬って、斬りまくれ」はカッコいいシーンやけど、東野幸治を思い出して笑ってしまった。

侍の生き様は凄いし、カッコイイ。
kanae

kanaeの感想・評価

-
スピード感溢れる殺陣シーンは圧巻。役者も素晴らしかった!だけど三池作品は描写が残酷すぎて胸が痛いね。
nem

nemの感想・評価

4.0
自分の中の何かが変わった作品。

正義は何者にも勝つ。

殺陣が本当にカッコ良い。
西洋のような銃で撃ち合うんじゃなくて、正々堂々刀1つで闘う姿が胸に響く。
Jun

Junの感想・評価

3.8
とにかく殺陣の迫力が半端ない!
斬り合いを堪能できました。
実は2回目の視聴。

特に松方弘樹の太刀振る舞いが、他の俳優たちと段違いですごい。
まだまだ見たかったなぁ…
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.5
悪役を演じる吾郎ちゃんの狂気がハンパない!
何よりも殺陣のシーンが最高!
Sinya

Sinyaの感想・評価

3.5

皆殺しの達磨女が凄い
それを見るだけでも得した気分です。
その伏線回収は最高に燃えました。

ごろーちゃんのバカ殿が凄い。
バカ殿が出ただけで場がしまる。
無邪気さが悪い方向に伸びきったような
人として、色々欠損してしまったような
でも、自分の核はあるような
獣ような食べ方をする
レイプ、人殺し、不謹慎発言
最低なクソ最高なヤローになってる。

時代劇として、殺陣としてとか
剣の墓場がかっこいいとか
ラストの解釈とか
結局、ただの人殺しで何も残ってないじゃねーかとか
伊勢谷友介と山田孝之の対比とか

色々、語る所があるのも魅力だと思うが

結局は、達磨女とごろーちゃんがサイコーだったなー