十三人の刺客の作品情報・感想・評価 - 7ページ目

「十三人の刺客」に投稿された感想・評価

吾郎さんのはまり加減と後半の記憶はあるのに前半の記憶がない…
もう一回見ます!
激レアな「ちゃんとした邦画」。面白かったー。三池出来んじゃん。ギャグ下手だけど。傑作。
無駄に悪趣味な雰囲気はよく出ていたのですが、肝心の合戦シーンが・・・ゲリラ戦の意味はあったのだろうか・・・
あと、あの登場人物が居ると一気にリアリティラインがだだ下がりになるという・・・
「デンデンラ」の人が脚本ならば仕方がないか・・・
初公開時の映画館(新宿ピカデリー)で鑑賞。

迫力あったとは思うが、女性への残酷場面、首切り&生首を足蹴にする場面など嫌悪感を抱く場面が嫌だった。

ゆったりとした中にも迫力のあった片岡千恵蔵版の方が好きである。
kao

kaoの感想・評価

3.8
斬って斬られてで、
死人が画面いっぱいに出てくるのに、
なぜか生き生きさを感じる。

窪田正孝君のシーンが忘れられない。
いい役者さん。
mg

mgの感想・評価

4.0
これすごく好きです。観てられないひどい描写も多いけど、刺客たちの活躍が痛快!吾郎ちゃんが役にどハマりしててそこも凄いな〜と。彼は癖のある変人役がよく合うね。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

4.0
【死を背負い悪を討つ、その背中まさに天晴なり】

バイトの先輩からのオススメ。
2000年代にこんな漢を感じる映画を作れる人がいるのか…というのが見終わった時の第一声、第二声はポスターとかにある13の英数字は流石にダサいやろ…でした。
時代劇は言葉遣いが難しい印象があり、この映画もそうなんですが、その分映像表現がやり過ぎなくらいわかりやすく、とても見やすく時代劇入門にもってこい。
善悪問わずキャラクターが一筋通っていて胸糞悪かったりかっこよかったりと、感情が動きやすく評価も上がります。
ずん

ずんの感想・評価

3.8
過去鑑賞。

これはそれぞれの侍のキャラが生きてて素晴らしかった気がする。

あと、戦いのシーンがとにかく凄い!刀で斬って斬って斬りまくって、斬られても死んでも戦う侍魂を見させられた。

三池崇史監督は漫画の実写化はたまにハズレもあるけど素晴らしい作品も沢山世に送り出していますね!(大して見てないし知らないのにすみません)
だんご

だんごの感想・評価

2.8
稲垣吾郎の怪演
切腹シーンからの稲垣吾郎の暴挙で、開始から一気にもっていかれる

松方弘樹の殺陣がすごい
若手はカット割りを細かくしてる分その凄さがよりわかる
陽炎越しの死に際が痺れる

三池監督のおふざけは確かにいらないが、まぁそんなに気になることもない
mtmt

mtmtの感想・評価

3.8
今まで観た三池崇史監督作品で一番良かった。役所、市村、稲垣ら役者の好演もあるが、監督が好きな題材を好きな様に撮っていると思えた。鑑賞後カタルシスが全くなく、虚しさだけだった。予想外。稲垣が演じるキチ殿を何とも出来ない時代の不条理に虚しさを感じたのだと。終劇後、来たる明治を伝えるのは救済の意もあるのか。