オール・ザット・ジャズの作品情報・感想・評価

「オール・ザット・ジャズ」に投稿された感想・評価

2018/5/26 シネプレックスつくばにて午前十時の映画祭9で鑑賞。

「すごい映画を観た…。」

鑑賞後の第一声がこれ。
前知識なしで観たので、あまりの衝撃にどっと疲れ、中々席を立てなかった。
(何なら本作のレビュー書くにあたって、上手い説明が思いつかず4,5日が経過。)

この"すごい"というのは、ストーリーや伏線回収の巧みさとかではなく、
ロイ・シャイダーの狂気じみた演技と、インパクトのあるミュージカル・シーンの数々に対してだ。

前者に関しては、ブロードウェイに命を燃やす男の表情、身体、性格はまさにこれ!といった感じで、『ジョーズ』と戦った、あの屈強で頼りがいがあるブロディ署長の面影は全くない。

しかし本作は、ボブ・フォッシー監督の自伝的作品であり、R.シャイダーは監督たっての希望だったそうだが、それに呼応するかの如く、シャイダーのフォッシーは生々しく"圧巻"。

そして、後者における、クライマックスの壮大なミュージカル・シーンは、現実パートとの対比も相まって、アカデミー賞受賞も納得の"すごさ"!!
『巴里のアメリカ人』、『ラ・ラ・ランド』におけるそれともまた違った、舞台を意識した造りなのが面白い。

ただし、「Bye Bye Love」の歌詞と、化粧したR.シャイダー、病的な明るさは、強烈過ぎて最早ホラーの域。

毎朝執拗に繰り返される、クスリとサプライズの演出、
中盤、関係者に披露した新作のダンスが、エロスと暴力が混在した暗黒舞踊のようなものだったりと、本作を唯一無二たらしめるは、そういったホラー的描写もあってかと思う。
shurin

shurinの感想・評価

3.7
ブロードウェイの振付師をやっていたボブ・フォッシーの自伝的ミュージカル映画(らしい)。

女神のような死神が時々登場しながら物語は死に向かっていく。
主人公の表現への執着が病的で、その他はどうしようもない奴なんだけれども、ミュージカルに対する姿勢はどうしようもなく「プロ」っぽい。
圧巻のフィナーレには満場一致でスタンディングオベーション息を飲むことは間違いない。

もう一回観たい。ミュージカル映画苦手な人は苦痛な映画だと思う、、。
tomtom

tomtomの感想・評価

3.2
午前十時の映画祭
まつき

まつきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・ボブ・フォッシーの自伝的映画。フェリーニの『8 1/2』のような。そもそもボブ・フォッシーは、フェリーニの『カビリアの夜』のミュージカル化で演出と振り付けをしていて、さらにそのミュージカルを映画化した『スウィート・チャリティー』が初監督作品という。さらにさらに、本作の撮影監督はフェリーニ作品を手がけたジュゼッペ・ロトゥンノ。とにかくフェリーニと縁がある作品みたい。

・女性関係、酒にはだらしないけれど、暴力はないのが印象的だった。そして、あくまでもあくまでも仕事に一途。そして自身の子供にも溺愛。子供とのシーンが一番涙腺を刺激したなー

・毎朝、鏡に映る自分に「ショータイムだ」と語りかけ、自らを鼓舞する。その表情が徐々に悲壮感でくもっていく。すごく切ない。

・この作品の良さは、監督自身の生き様を、現実と夢(妄想?)のシーンを織り交ぜながら、現実(うまくいかなかったことや死)と理想(楽しかったこと、やりたかったことや生)とともに観客に絶叫気味に伝えてくる感じ。かな。「見てくれこの生き様!」的な。作品自体がとても力強い。

・暗闇の中、ほぼ裸の男女が汗を飛び散らせながら舞い踊るショーはすごく印象的。

・芸術は常にお金の問題が付いてくることもよくわかった。お金かけて制作しても、上映・公開してお金を回収しないと…
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.8
さすがボブ・フォッシーの未来伝記(?)なだけあって、ダンスが格好良すぎる。ロイ・シャイダー、フォッシー本人に結構似てるね。フォッシーの愛人本人も出演してらっしゃるし、贅沢な映画だ。
meg

megの感想・評価

3.0
今まで観てきたミュージカル映画とは違い、とてもエモーショナルな人間ドラマだった。ジョーの様な生き方は誰しも軽蔑しつつも憧れてしまうだろう。また他の方の感想にもある通り、酒・女・煙草・薬・ステージによって華やかに彩られた生活が彼の死への恐怖と巧みに対比されているように感じた。体のラインがはっきりと分かる衣装だからか、ダンスが非常にしなやかで見応えがある。人間の体とは思えないような動きをする。同じ人間とは思えず、感心してしまう。
白

白の感想・評価

4.0
映画的なエネルギーが圧倒的な熱量を伴って画面から迸る。死への渇求があるも、それは翻って生という夢幻の中にある人を何時までも目覚めさせることをしない。死の舞踏が持つ圧巻なスペクタクルが孤高な魂を終に解放する。
うるせ〜〜〜〜〜!!!
しらね〜〜〜〜〜!!!

なんでも
あり
nanaho

nanahoの感想・評価

3.0
娘とお母さん(義母?)のデュエットダンスが可愛すぎた💃

表現技法が面白かった

バイバイ ライフ の歌はわたしの葬式の時にかけてほしい
>|