オール・ザット・ジャズの作品情報・感想・評価

「オール・ザット・ジャズ」に投稿された感想・評価

2018/5/26 シネプレックスつくばにて午前十時の映画祭9で鑑賞。

「すごい映画を観た…。」

鑑賞後の第一声がこれ。
前知識なしで観たので、あまりの衝撃にどっと疲れ、中々席を立てなかった。
(何なら本作のレビュー書くにあたって、上手い説明が思いつかず4,5日が経過。)

この"すごい"というのは、ストーリーや伏線回収の巧みさとかではなく、
ロイ・シャイダーの狂気じみた演技と、インパクトのあるミュージカル・シーンの数々に対してだ。

前者に関しては、ブロードウェイに命を燃やす男の表情、身体、性格はまさにこれ!といった感じで、『ジョーズ』と戦った、あの屈強で頼りがいがあるブロディ署長の面影は全くない。

しかし本作は、ボブ・フォッシー監督の自伝的作品であり、R.シャイダーは監督たっての希望だったそうだが、それに呼応するかの如く、シャイダーのフォッシーは生々しく"圧巻"。

そして、後者における、クライマックスの壮大なミュージカル・シーンは、現実パートとの対比も相まって、アカデミー賞受賞も納得の"すごさ"!!
『巴里のアメリカ人』、『ラ・ラ・ランド』におけるそれともまた違った、舞台を意識した造りなのが面白い。

ただし、「Bye Bye Love」の歌詞と、化粧したR.シャイダー、病的な明るさは、強烈過ぎて最早ホラーの域。

毎朝執拗に繰り返される、クスリとサプライズの演出、
中盤、関係者に披露した新作のダンスが、エロスと暴力が混在した暗黒舞踊のようなものだったりと、本作を唯一無二たらしめるは、そういったホラー的描写もあってかと思う。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.7
ボブ フォッシーによる最大級・最上級の皮肉と嫌味と意地の悪さと芸術の汚さと美しさとが、兎に角詰めに詰められており、てんこ盛りの山盛りのこぼれまくりで、それはもうイクラ丼に入りきらないイクラの洪水。では決して無いのですが、大変楽しく拝見していました。と言うかめちゃくちゃ共感しながら見てしまった。イメージや案が浮かばない時はあんなにダメダメになってしまうのに浮かんだ途端別人になったの?位になってしまう。これは多分皆んなに当てはまる。そして作品が良ければどんなに糞でも魅力的に見えてしまう。そんなもんですよね人間って。嫌いじゃない。個人的に娘が出てくるシーンは全部好きだなぁ。
lovelyn

lovelynの感想・評価

4.0
1979年作。名作♪
hk

hkの感想・評価

3.5
壮大な悪ふざけとしか思えないが、謎の高揚感。
満面の笑みで歌い上げる"Bye, bye, life. Bye, bye, happiness!"

こんなのが40年前にあったっていうのが、信じられん。
SENA

SENAの感想・評価

-
毎日がショータイム
まずジャズじゃなかった。。
ぎしお

ぎしおの感想・評価

3.6
華やかなんだけど虚しい…

狂ってるけどかっこいい男の散り際に不思議な気持ちになった。
おっと

おっとの感想・評価

4.2
はじめ15分くらいなに見てんのかわかんなくてしんどかったけど最後までしっかり見れた。
だんだんこの作品に慣れてきた感じ。作品の意味が分かるような分からないような。

家族連れで見れないショーダンスのシーンと、親子でリビングで踊るシーンめちゃくちゃ素敵だった、拍手した
あと続けて4本くらい踊るシーン、かっこよい。娘かっこいい。
イメージするフォッシーの振付って感じだった

ラストシーンはかっこよかったな…
当時の最先端を取り入れたフォッシーらしい、現代的なシーンだった。
人生の暗さと明るさが同時に垣間見れるというか。そんな感じ。

ショーのシーンはカット割りを長く、ほかのシーンは細かくカット割りがしてあって、どう人生(ショー)をフォッシーが切り取って考えているか分かったような気がする。

見た感想を言葉にするのが難しい…
とまこ

とまこの感想・評価

2.5
想像と違ったからすっごい頑張って観た
娘とおかあさんのダンスがすき
けーな

けーなの感想・評価

2.9
映画「キャバレー」等の監督ボブ・フォッシーの自伝的映画。

病に伏しながらも、酒とタバコを飲んで、鎮痛剤で身体を煽り、現実と幻想が混ざりながらも、ミュージカルと映画の演出を続ける姿には、圧倒されるが、なかなか共感は、できないので、映画に入り込むのが難しかった。芸術家というものは、こうでもないと、良い作品を生み出していくのは難しいのかもしれないなと思った。

妻と子供が、部屋で踊るシーンは、好き。

「オールザットジャズ」のジャズは、音楽のジャンルのジャズではなくて、狂騒や、興奮という意味の俗語で、オールザットジャズで、「なんでもあり」という意味になる。ショービジネスの世界に生きた彼の人生が、狂騒の中にあって、なんでもありだったという意味だろう。
>|