しゅわっち

ONCE ダブリンの街角でのしゅわっちのレビュー・感想・評価

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)
4.1
この映画があったから『はじまりのうた』が生まれた。根底に流れるテーマは一緒。
お互いに男女の関係を意識しつつも、作る曲が元のパートナーを想ったものばかりなのが切ない。それでも音楽を通して、それ以上とも思える関係を築けている二人は清々しい。
良い音楽映画はケミストリーが起きる瞬間がある。この映画では楽器店で2人が一緒に演奏するシーンと、レコーディングでの曲の途中でドラムが入ってきた瞬間で思わずニヤニヤしちゃう。


2016/01/11 DVD