ファイナル・デッドサーキット 3Dの作品情報・感想・評価・動画配信

ファイナル・デッドサーキット 3D2009年製作の映画)

The Final Destination

上映日:2009年10月17日

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

3.2

「ファイナル・デッドサーキット 3D」に投稿された感想・評価

シリーズ4作目。このシリーズ、久しぶりに見たけれど、人がどう死ぬかだけに絞ったコンセプトは唯一無二のジャンルでやはり面白い。もうちょっと、ピタゴラスイッチ的に凝っていた気がしたんだけれど、今作は微妙なほう?
僕の記憶の中では

これが一番ビチビチですわ〜

ダチョウ倶楽部の
押すな押すな!!

そのアメリカ版としか思えない死に方

なかなか良かったです^_^
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
「ファイナル・デッドサーキット 3D」

本作は個人的に娯楽傑作だと思っているキム・ベイシンガー主演の「セルラー」を2004年に監督したデヴィッド・エリスが2009年(2作目の監督)に大ヒットシリーズの4作目を手がけた作品で、主演はボビー・カンポ。久々にBDで鑑賞したがわりかし面白い。本作は3Dにしたことによってシリーズの中で最も興行収入が高かった作品で、シリーズで交互に監督した例は非常に珍しいと思う。本作のオープニングで全作品の殺され方がレントゲン演出で紹介されるのは胸熱である。この作品もつまらなくは無いのだけど、3Dで作られているから3D演出が目立っていて、限定的(3D様に)な死に方になっているのが残念。

さて、物語はサーキット場でダブルデートを楽しんでいたニックとローリ。白熱するデッドヒートに興奮し最高潮を迎えたその時、ニックは突然恐ろしい予知夢を見る。1台の車がクラッシュしたのをきっかけに、多くの車が炎上。満席の観客席に車が突っ込み、惨劇の舞台と姿を変える。大事故が起こる夢から目覚めたニックは仲間や周りの数人とその場を離れるが、その瞬間、サーキット場は崩れ落ちる。運良くニックたちは命を取り留めたが、死の運命は彼らを見逃してはくれなかった。1人また1人と死を遂げ始めたのだ。果たして、彼らは死の周回路から逃げることができるのか…と簡単に説明するとこんな感じで、100%予想不可能な死のトラップを演出し、世界中に熱狂的なファンを持つファイナルディスティネーションシリーズの4作目となり、絶叫マシーンを遥かに超える恐怖アトラクションの決定盤とされヒットし、爆撃シーンの連続攻撃が観客におそいかかる的な作品である。
リアルピタゴラスイッチdeathゲーム

と言われ見たらほんと不幸の連鎖がピタゴラスイッチで楽しめた😁

ピタゴラスイッチ好きな人にはおすすめ


続編色々あるみたいなので次のもみてみたい。
ブルマ

ブルマの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オープニングで今までの死に方ダイジェストにレントゲン方式で流れたの面白かった。
ラストは3の電車での死に方と一緒だね。今までの死に場所の広告が揃って3人纏めて死亡。主人公の彼女がエスカレーターのローラーに足から巻き込まれてバキバキになるのデジャブじゃ惜しかったな。主人公も彼女も良い子だから可哀想だけど。
今回はとうとう108号機の話も出なくなって悲しいな。
prime視聴。
アメリカ感とオシャレ度合いが増して、死に方も今までよりサクッと殺られてるからちょっと物足りなかったかな~?
3Dで見ると演出楽しめるのかもね。
生きてるって最高。
これからは1日1日を楽しむんだ。

オープニングがカッコいい。
やってることはもう前作と同じ。
今回は3Dってだけ。笑

ヒロインってザ・ボーイズの奥さんやった人!?
あい

あいの感想・評価

3.7
始まって5分ちょっとで人がどんどん死んでいく。痛すぎる、無理。ほんと悪趣味な映画!(褒め言葉)
HIG

HIGの感想・評価

3.4
初見かと思いきや観ていた。このシリーズもっと続いてほしい。
NaoNao

NaoNaoの感想・評価

3.4
内容ほぼほぼ忘れてたのに
プールで吸引のシーンだけは覚えてたw
人間トコロテンにタイヤでドーン!!
相変わらず人体がいとも簡単に
グチャグチャになる容赦なさが最高です。

オープニングがやたらカッコいいんだよなぁ。
>|