片腕ドラゴンの作品情報・感想・評価

「片腕ドラゴン」に投稿された感想・評価

戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
主人公の武館が敵対武館のとんねるず貴明似の息子の卑怯な道場破りでほぼ全滅。(つられてオヤジも卑怯に!)残った怒りの拳を焼き締めて、万国ビックリ人間に立向かう。クライマックスは爆弾と狼日本人!復讐がいつしか亡き武館の人々の為でなく、自分の片腕の為だけにやった感むんむんな潔さ。なお、その後卑怯は主人公にも感染した模様。
個人的には★4くらいなんだけど、映画的には…w
空手とかテコンドーとかヨガとかムエタイを色々勘違いしているw
アクション映画なのにアクションシーンのキレが良くない。
BELARUS

BELARUSの感想・評価

4.2
比較的オーソドックスな構成でわかりやすく、王もまともな人格なので、安心して観られる。
腕を鍛え上げた筈が、脚まで力が漲ったのか、矢鱈、起き上がる技を連発していたのも微笑ましいし、恩人の小屋を許可なく壊して悪びれないさまも、堂々たるものである。

だが、一点、ラマ僧との殺し合いで、前日、医者から彼の弱点のツボを聞いていたのをよいことに、そのツボばかりを狙って狂人のごとく連打するやり口に、後年、ギロチン戦で暴露される彼の陰湿さの萌芽を見出だす。
腕のもぎ取り方がR指定。あのポージングがかっこいい。
LUCAS

LUCASの感想・評価

4.0
深夜によくテレビでやっていて、眠い目をこすりこすり、がんばって観ました。
カンフー以外がヤバ過ぎるカンフー映画w

オススメ頂いたのでポチったのですが、まさかのオリジナル音声が入っていないというアクシデント…orz

が、日本語音声で観たら、敵ボスが大塚明夫様だったので、即機嫌が直りました(笑)

とにかくメチャクチャワールド♪
突っ込みメモっていたら、1ページじゃ収まりませんでしたよ( ´∀`)

以下、ほぼネタバレです!!



正徳武館、師匠ハンの二番弟子のティエンロン。

鉄鈎門のチンピラを成敗したら、明夫ボイスのボスがキレて乗り込んできた。
が、それも一門で粛清。

で、ボスはさらにぶちキレ!
海外の用心棒を寄せ集めて、またまた乗り込んできた。

顔芸が凄い沖縄空手
柔道
ほぼ空気な韓国テコンドー
やたら声が高いムエタイ
顔だけ黒く塗った色々アウトなヨガの達人
膨れる技を持つラマ僧

そして沖縄空手の師匠、二谷太郎。
何故か牙が生えた、ゲジゲジ眉毛のオッサンである。

彼等により、正徳武館は壊滅。
ティエンロンも二谷の手刀で右腕を斬り落とされてしまった。

その後、たまたま通りかかった医者が、彼を救出。
完治までをダイジェストでささっと映して、いざ仇討ちだ!

それには、残った腕を鋼鉄のようにしなければ…
ティエンロンは、医者によるとんでもないドーピングを受け、最強の腕を作り上げる。

そして師匠や弟弟子の仇討ちへと向かうのだが……



肩から3cm下そこから内側へ5cm
さぁ突け!

出来るかーいww!!!

ひたすら突っ込みっぱなしの作品なのですが、用心棒達が登場してからはもうお手上げ状態(笑)

どいつもこいつもキャラ濃すぎ!
大体、明夫ボイスはずーっと前歯にノリくっ付けてるし!!

鋼鉄の腕の作り方も酷い( ´∀`)
めっさ痛いから、まず神経殺そうね!と、火傷させまくる!!
その後、でっかい石でゴンゴン叩いて……
って、アホか(笑)

そして仇討ち。
からの唐突なEND!!!

とにかくずーっと戦ってる作品でしたw
以上。
ta644da

ta644daの感想・評価

4.0
小学生の時にロードショーで見ました。
今でも大好きな映画。
大真面目にバカをやっているぶっ飛んだ内容に脱帽。

凄く切れ味の良い歯をもったテコンドー家
ドラキュラと見違える空手の達人
密教使う坊さん
割と普通な柔道家
弱そうなタイ人
顔を黒塗りしたインド人
これ全部中国人かつどれも似たようなアクション。もう笑わせにきてるとしか思えない。

ジミーウォング が片腕になった理由も思わず唖然。
神経を焼ききらねば!→痛がってるけどキレたことになっている。
腕が黒塗りのカットとそうじゃないカットがある。
怒涛の指一本逆立ちジャンプとか笑うしかない。

アクションはカンフーのようなキレの良さはなく、それっぽい殴り合いが続く感じ。
ストーリーはまぁ単純

こう書くとひどい映画なんだろうなぁと思うかもだが、なぜか引き込まれる。エネルギーに満ち溢れているし、謎設定が飽きさせない。
顔夕

顔夕の感想・評価

3.8
終始ニヤニヤが止まらなかった
インドヨガの達人って何?w
タイ式のボクサーが踊り出すのはシュールすぎるw
そして音楽がいちいちテンション高いw
ラストの沖縄空手との対決は名勝負。なんか虚しいラストも良い。
>|