RM

摩天楼はバラ色にのRMのレビュー・感想・評価

摩天楼はバラ色に(1986年製作の映画)
4.3
邦題ミストップ10に入るでしょ…

マイケル・J・フォックスがただただ最高
70,80年代のアメリカの、いわゆるアメリカンドリームを画にしたストーリー
上手くいきすぎだけど、そんなことも忘れてしまうくらい見ていて夢中になっちゃうあっという間。

面白すぎて、夜中に見たからお布団で笑い声押し殺した。

重役や一流社員を「スーツ」と呼ぶし出勤する社員は列を成してビルにゾロゾロ入っていくしバブリーな時代そのまま

船の上でクリスティとのキスを焦らすところ、無限再生したいし惚れるしマイケルJフォックスさいこう