菩薩

どら平太の菩薩のレビュー・感想・評価

どら平太(2000年製作の映画)
3.8
放蕩無頼、豪胆無比、実はやり手の新任町奉行、通称:どら平太の「濠外」浄化計画。

名だたる巨匠そろい踏みの脚本が故に、もうちょっととっ散らかってるのかと思ったら、意外や意外、まさに一本筋の通った勧善懲悪、痛快時代劇だった。さすが市川崑。

終盤、キリッと刃を返し、ざっと100人の敵勢を相手に見事な立ち回りを披露する役所広司はお見事。

ホップ・ステップ・ジャンプと悪の核心に迫っていく異色のヒーロー、唯一の弱点は馴染みの芸者、これは別に無くても良かった気がする。いやぁ、でも面白い。オープニングもエンディングもめちゃくちゃかっこいい。