ミステリー・トレインの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ミステリー・トレイン」に投稿された感想・評価

G

Gの感想・評価

4.1
この作品あたりからわかりやすく面白いジャームッシュになっていくのか。
エルヴィスを結節点として3つのストーリーが交わる。登場人物にフォーカスを当てるのではなく、人の行き来を通して街を描いているのはパターソンに至るまで変わらないし、ミニマル反復も今作あたりからわかりやすくなってくる。
初期作はどうしても興味が持続しないけどこれくらい面白さがわかりやすいジャームッシュだと見れる。
ジム・ジャームッシュ入門は続きます。今回は工藤夕貴と永瀬正敏という日本人キャストも起用した1989年の一本。

テネシー州メンフィスを舞台に、ひょんなことから同じホテルに居合わせた3組のストーリーをグランドホテル形式で紡いだ作品。前述の日本人2人のみならず、ザ・クラッシュのボーカルであるジョー・ストラマー、みんな大好き個性派俳優のスティーヴ・ブシェミ、イタリアが誇る名女優ニコレッタ・ブラスキと国際色豊かな面々が勢ぞろい。他にも'I Put Spell on You'をヒットさせたスクリーミン・ジェイ・ホーキンスや、ルーファス・トーマス他、歌手をごく自然に俳優さんとして起用するジャームッシュ監督、本当にあっぱれです。常連のトム・ウェイツは今回は声のみの出演!
...冷静に考えても、ジョー・ストラマーの演技を堪能できるなんてこんなにハッピーなことはない!!色んな意味で貴重な作品になっています。

エルヴィス・プレスリー関連の観光名所以外はほぼ何もないメンフィスの静かな街を時にぶらぶら歩いたり、全力疾走したりとそれぞれ違うシチュエーションの中展開されるシュールな会話劇。冒頭の電車のシーンからぐっと引き込まれ、起用されているBGMもどれも秀逸でツボでした。
目に移るもの全てがなんとも言えず魅力的なので、メンフィス観光についつい行きたくなってしまいます。そう感じさせるのも監督ならではの手腕かなと。

プレスリーが歌う'Blue Moon'がラジオからかかる瞬間、3組それぞれに何か大きな転機が...。うーん、最高にシビれるカッコ良い演出!!
このい

このいの感想・評価

4.1
ジムジャームッシュ毎晩観たい

いろいろ起きるけどなにも起こらない
自分にとっては非常事態でも、側からみたら大事件ではないのかもしれないなぁと思う
MITATI

MITATIの感想・評価

4.9
ジム・ジャームッシュ、
観て良かった。てか、映画全然観てない(まだ180)ので、もっと見よう。
まこ

まこの感想・評価

5.0
ラジオから流れる曲がブルームーンでトキメキ120パーセントだった〜ホテルも好み。泊まりたい。ジムジャームッシュ何回も観たくなる〜。赤リップ塗ってチューして足でタバコに火つけたくなる。スーツケースいっぱいのTシャツ気になる。全部みたい。。あとあの棒を通す持ちかたは何なんだろう。かわいかった。
1989年,アメリカ
監督:ジムジャームッシュ

FAR FROM YOKOHAMA

A GHOST

LOST IN SPACE

アメリカをビンビンに感じさせてくれる。
あぁなんだか古着屋にいる気分だ。
mtmg

mtmgの感想・評価

3.6
雰囲気映画だけどジム・ジャームッシュのセンスは良い。工藤夕貴が可愛いんだか可愛くないんだかよく分からない。ただ口紅塗ってキスしたり、足でジッポーの火付けるところとかは魅力的ではある。

ライターの火をつける仕草

3つの物語がつながる

オシャレ、、、

エルビス、音楽

美術
ubik

ubikの感想・評価

-
下着投げるのいい
ベッドをとるアングルがパターソン

髪、2、平等性、二人で持つこと、電車を見ること、似ている/違う
メンフィスを舞台に、エルビスの「ブルームーン」で繋がる3話オムニバス。若き日の永瀬正敏、工藤夕貴カップルによるロカビリーの聖地巡礼。学生時代これがカッコいいのかぁ?と疑いながら観た。メンフィスがどんな街か正しくは知らないが、ジャームッシュのフィルター通すとなんか雰囲気良くカッコ良く見えるから不思議。何も起こらない映画の良さが当時は分からなかったがだんだん分かってきたよ。