七坂忙殺とかマジ勘弁

マイティ・ソーの七坂忙殺とかマジ勘弁のレビュー・感想・評価

マイティ・ソー(2011年製作の映画)
3.5
「今いる場所が分からないと自覚した時、道探しが始まる」

アベンジャーズのBIG3の一人にして神の国アスガルドの王オーディンの息子であるソーの始まりの物語。本作はアベンジャーズへの布石となる物語でもあるのだが、私は我慢できずにアベンジャーズを先に見ていたので視聴した際に成長前のソーには新鮮味を覚えたような。
アベンジャーズでは地球の為に戦うという事を信念のように固く置いており頼りがいのある存在であったのだが、本作では次期王に選ばれて有頂天になり分かりやすく調子に乗っている彼の姿を見る事が出きる。ちょっと強い典型的な馬鹿王子。しかし、そのお茶目な姿は本作に置いて彼の魅力の一つとなっていて、地球の文化に触れる彼の姿をチャーミングに描いている。それと対比する形で、お馴染みのハンマーことムジョルニアでの戦闘シーンは熱い。そして、神の資格を剥奪され、四苦八苦ありながらもムジョルニアを前にするも手にする事さえ叶わずにくずおれるシーンは印象的。
魅力と言えば、語らずにいられないのはソーの弟であるロキ、いやぁあそこまで親しみを覚えるヴィランってなかなかいないんじゃないだろうか。アベンジャーズでの評判もしかりだけど、愛されてるなぁ本当。