夏来

青春群像の夏来のレビュー・感想・評価

青春群像(1953年製作の映画)
3.1
50年代のイタリア映画の、なんと現代的なことか。肉親や女の金を頼りに所在なさげに生きるいい歳した男たちを描く群像劇。タバコを吸っても、酒を飲んでも、大きな声で笑い社会を憂いても、女々しい男だと仲間を嘲ることも、どこまでも情けなく頼りなく薄っぺらいその姿は、反面教師にはぴったりです。とは言っても、人間そういうクソの役にも立たない時期もあるわけで、そんなことで死ぬのもバカバカしいという渇いたところは救われる気がします。
それにしてもイタリア映画の女たちのなんと美しく哀しいことでしょう。働きもので、情が深く、懸命に破滅的な愛を守るその姿は、おそらくはイタリア男たちの理想でしょうが、聖母マリアを想起させます。