Denkishino

題名のない子守唄のDenkishinoのレビュー・感想・評価

題名のない子守唄(2006年製作の映画)
3.8
サスペンス要素を盛り込んだ、愛情の物語。

この監督は、まず最初の掴みが良い。
すっと引き込まれるテンポの良さが光る。

なかなかに過激なシーンもあり、
主人公の女の過去の壮絶さは、冒頭から推し量れる。

ドキッとさせられる展開が多く、緊張感を途切れさせない流れが良いです。
救いが無いようなストーリー。
でも、大丈夫、御安心を。

悪役が胸糞悪いやつではありますが、もっと糞野郎でも良かった気もします。割りとやり方が王道。
伏線を消化しては居ますが、少々しっくり来る消化の仕方ではなかった感じも。

主役の女優さんに拍手。
如何にも売春婦な様相から、抜け出しても擦れた感じの残る雰囲気がいい。

大作ではないですが、しっかり観られる秀作です。