コーヒー&シガレッツの作品情報・感想・評価

「コーヒー&シガレッツ」に投稿された感想・評価

コーヒーとたばこ、最高。
かおり

かおりの感想・評価

5.0
うわぁ、まじで最高。
めっちゃかっこいいいいい!
のにリラックス〜
ここ10年位何度も手に取っては棚に戻した映画をやっと観た。
確実に、今観てよかった!
コーヒーとタバコ、日常の切り取り方が芸術的。
はぁぁ、しびれた。
ルネ はうっとりしたな〜。
ケイトブランシェットの力量とんでもないし、なにもかもいちいち最高。
クスッと笑える。
ジムジャームッシュは夜観るに限る。
あぁ、好き。
SunnyBug

SunnyBugの感想・評価

2.5
コーヒーをシャンパンと思おう。1920年のパリに乾杯。1970年のNYに乾杯。で、イギーポップのルイ・ルイのカヴァーのエンドロール。カッコ良すぎるのですが。

このレビューはネタバレを含みます

煙草とコーヒーがカッコいい。
色んな瞬間に寄り添うそれらは
どんな場面でも絶妙なバランスでそこにある。

いとこ同士?と
シャンパンがすきだった。

やぼな奴だな
お前はいけないよ

何が?

人生を楽しむ事をしらない




人生は楽しむ事を目的にしていたい
大好きな俳優やミュージシャンが出てるオムニバス映画
暖かい昼下がりにポケーと見ていたくなる。コーヒー飲みたくなりたい
cococo

cococoの感想・評価

4.0
この映画はとてもとてもおしゃれです。
色んな人に寄り添うコーヒーとタバコという組み合わせ。
映画はアートなんだなとこの映画を観て感じました。
変だけど映画を観ながら絵画を観ている様に感じる。
部屋に飾りたい映画。
よしき

よしきの感想・評価

4.0

コーヒーと煙草。

くだらない話。

どうでもいい時間こそ至高。

ウータンクランのRZAがでてくる!
途中で止めて、私もコーヒーを淹れた。
誰かとコーヒーを飲みながら、どの話が好き?とか言いながら観るのも楽しそう。
コーヒーとタバコがある空間で、取り留めのない会話でのみ繰り広げられる11本の人間ドラマ。 爆笑ではなくクスッ、ニヤリ。 どこかシュールで皮肉めいた笑い。
日常でも間が持たなくなると、コーヒーやタバコに手が伸びるっていうのが有ると思うんだけど、微妙な空気、気まずい「間」みたいなのが絶妙でなんか笑える。
私は 「いとこ同士」「ルネ」「いとこ同士?」が面白かった。 ケイト・ブランシェットの一人二役が、全く同一人物に見えず別人の様で 「流石!」と痺れた。
カフェで道行く人をボーっと眺めている様な、ケータイいじりながら隣の席の人の会話が自然に耳に入って来る様な。 コーヒーをお供にゆったり まったり鑑賞した。
tomyam

tomyamの感想・評価

3.8
ただの短編集だからそれ自体には内容はないけど、眺めながらリラックスするのにはちょうどいい作品だった。
「ライフ・イズ・ビューティフル」で涙した直後だったのでいきなりロベルト・ベニーニ出てきてびっくり。
コーヒーが概ねまずそうですごい。自分もよくこういう、存在だけに意味があるようなコーヒー飲むけど。
あとホワイトストライプスがまともに喋ってるの観たことなかったからラッキー。
こんな適当な感想でも怒られなそうな映画。
>|