ayano

秒速5センチメートルのayanoのレビュー・感想・評価

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)
2.8
お花見できないフラストレーション解消に、桜が綺麗な映画鑑賞🌸題名は桜の花びらが散るスピード。

高校生の時レンタル店でこの映画を借りた。手書きのPOPに「中高生の皆さんにぜひ観て欲しい作品です」って書いてあったから。確かに青春時代の愛おしさを現役の状態で実感できるのは良かったけど、3話に関しては貴樹と同年代になった今の方がグッと来た気がする。

とにかく映像が美しくて(キャラクターデザインは私的に微妙です)、それだけでなんだか泣きたいような切ない気持ちになる。
放課後の教室に入る陽の光、
アスファルトにうつる影、
当時目にしていた光景が蘇ってすごく懐かしい。下校途中にどこかの家から漂ってくるカレーの匂いが好きだったなぁって、感傷的な気分にさせられる。

そしてラストは山崎まさよしの名曲、胸が痛い...中高時代のピュアで不器用な恋って、一生特別なんだろうな。
貴樹はすごく大人びてるけど、逆に(恋愛面は特に)全く成長してないような印象も受ける。思春期にみっともなくていいから子供らしくぶつかることって、実はすごく大切なのかもしれない。