watarihiro

秒速5センチメートルのwatarihiroのレビュー・感想・評価

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)
4.5
東京の小学校に通う貴樹と明里は仲が良く、お互い特別な想いを抱いていた。だが明里の父親の仕事の都合で小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校し、会えなくなった。貴樹が中学に入学した後、明里から手紙が届き、2人は文通を重ねるようになった。だが中学1年の終わり頃、今度は貴樹が鹿児島へ転校することになった。鹿児島と栃木では遠く、2度と会えないと思った貴樹は、明里に会いに行く決意をする、、、。

とてもピュアすぎる。もう会えなくなると思った貴樹は明里がいる栃木へ。だげど容赦なく降り注ぎ、人々を冷たくする雪が邪魔する。予定到着時刻は過ぎ、中々動いてくれない電車の中で寒さに耐えながら彼女の元へ向かおうとする貴樹。泣きたい気持ちを堪える所を見ると切ない。

山崎まさよしの名曲に合わせる喪失感。絶え間なく心臓がズキズキする映画体験でした。人生というものを強く表現してる作品の一つでした。もうとにかく素晴らしいです。