秒速5センチメートルの作品情報・感想・評価・動画配信

秒速5センチメートル2007年製作の映画)

上映日:2007年03月03日

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「秒速5センチメートル」に投稿された感想・評価

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。 そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く・・・・・・。 栃木まで行くのに携帯がない時代とは。
私が携帯持ったのは社会人になってから。
それまでポケットベルとか。
待ち合わせは駅の改札とか分かりやすい場所。
今考えるとよく出会えてたな。

この3部作
男性の方が初恋を忘れられないというテーマなんですね。山崎まさよしさんの歌がピッタリ。


貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。叙情的なビジュアルで綴られる三本の連作短編アニメーション作品。
無常を味わうのにはもってこいな作品。
劇的な展開が無い、良くも悪くも日常的なお話
進十九

進十九の感想・評価

4.0
素直な感想。なんだかつらかった。
恋愛の物語なのか。
主人公たちの抱えている思い、切なさが理解できなかった。
いや、理解できなかったというより、もうすでに忘れ去っていると言ったほうが近い。
高樹も明里も花苗も、もう自身を投影するには年齢が離れすぎている。
終始、別の理由で胸が締めつけられるような気持ちで、彼らのことを思っていた。
この先どうなるのか、なにが起こるのか。心配でたまらなかった。
みんな幸せになればいいのに、なんだかそうならないような気がして。
結局、誰もその距離を縮められないまま大人になり、でもそれぞれ人生を進めてゆく。
その速さは、秒速5センチメートルなのだろうか。
結局、距離は縮まらないまま終幕を迎えた。
鳥肌が立った。なぜだろうね。恋物語とは別のなにかが、心に染み込んだからだろうな。


観終わったあと、この物語で新海監督がなにを伝えたかったのか、染み込んだものがなにかを知りたくて検索した。
インタビューで新海監督の思いが伝わってきて、また鳥肌を立てた。
誰かがこの作品を「逢えない『君の名は。』」だと言った。
少し納得した。

また、新海監督の映像に対するこだわりも知ることができた。
アニメーションで綴られる文学。
他の作品も観てみたいと思った。
小説版も出ているようだ。しかも、君の名は。と同様新海版と加納版。
近いうちに読んでみよう。
きっと、別の感動と鳥肌が立つに違いないから。


秒速5センチメートル。その速度を大切にしたいと思った。
この世界の速さに追いつけない僕にとって、桜の花びらが落ちる速度、雪の舞い落ちる速度を忘れないようにしたい。
そう思った。
じゅの

じゅのの感想・評価

2.8
主人公のどうしようもない感じが好き。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
作品内で主人公が仕事辞めた年齢まではなんとか僕も辞めずに仕事続けれてた。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.5
映像が素晴らしい
>|