ラスト サムライの作品情報・感想・評価

「ラスト サムライ」に投稿された感想・評価

MikiSato

MikiSatoの感想・評価

5.0
号泣。何度見ても。

いろいろと考えることは多い。日本人として。
LOST

LOSTの感想・評価

4.1
自分はそこまで細かいことを気にしないので、普通に面白いと思った。ガトリングガンが脅威すぎる。
TAKE

TAKEの感想・評価

4.0
記録
今はなきヴァージンシネマズ六本木にて
小雪様がお美しすぎる…!
トム・クルーズと並んでもお似合いすぎ♡
hironori

hironoriの感想・評価

3.4
日本へのリスペクトが詰まってます。
ktn

ktnの感想・評価

4.0
普通に好き
ぽん太

ぽん太の感想・評価

3.0
謎日本好きにはたまらない気合いの入ったB級映画です。
ジャンルとしては歴史スペクタルよりもスターウォーズのようなSFに近いのだと思います。

るろうに剣心やあずみ等の世界観を無駄に日本人も知らない日本っぽく史実っぽく描くとこうなるのかなと言う、幻想的で、幻想の中の日本人、武士道を誰が誰に伝えたいのかが謎な、本当にふわっとした今になってみると逆にとても良い映画かも知れません。
初めて洋楽を聞いて感動して、全く知らないのにアメリカはすごいと熱く語る中学生に似た、多分日本文化、武士道についてほんの少し聞いた事をみんなに伝えたかったのでしょう。熱い気持ちは伝わってきます。

外向人受けしそうな忍者や、すぐに刀で戦おうとする侍の謎イメージもしっかりと描けています。
水戸黄門のチャンバラを突き詰めるとこんな感じでいいかもしれません。
ただ、やはり日本人から見て謎文化なので、アジアのどこかを描いたんだろうなぁと言う不思議な感覚は抜けません。
そしてその不思議な世界観の中でみんながっつり演技しているのでまた不思議な感じになります。そういう意味ではSFよりファンタジーに近いですね。

本気で作って結果B級映画になってしまった映画にありがちな、映像や演技はとても素晴らしい、観ていて辛くならないB級映画です。
個人的には座頭市(たけし)とるろうに剣心、あずみの間くらいの非現実感です。
ぼんやりチャンバラが観たい時には最適かと思います。
そして、力を入れたのに外してしまったこのような映画があってこその、今の意図的なB級と史実をよく調査して地味ながらリアリティのある映画の線引きができるようになっているのではないかと思います。そういう意味では少しですが歴史に名を残す名作なのではないかと思います。
>|