ラスト サムライの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ラスト サムライ」に投稿された感想・評価

司馬遼太郎の「翔ぶが如く」を読んで西郷隆盛に興味を持ち、ラスト・サムライが戊辰戦争の時代を描いていることを知り、2回目だが視聴した。
渡辺謙が演じるのは西郷隆盛をモチーフにした人物である。
真田広之もカッコいいし子役も良いが、ストーリーがフィクションなので、司馬遼と並行して観てしまうと、そこまで入れ込めない。
公開当時、全く期待せずに観にいき、予想を遥かに上回る面白さに感動した記憶がある。
酷い日本描写をする洋画が多い中で、幕末の日本を忠実に描いており、1人の日本人としてエドワード・ズウィック監督に感謝したいくらいだ。

武士道という日本古来の考え方を、幕末の武士に投影して見事に描いている。

海外の映画に出演する渡辺謙と真田広之は正直あまり好きではなかったが、今作品における2人の存在感は凄まじく、特に渡辺謙は主演のトム・クルーズに負けていない。

日本人なら見るべき、そして海外の人にも見て欲しい映画。
ななみ

ななみの感想・評価

3.4
「アメリカからみた日本」でありあくまで一方向からの視点で描かれている作品。アメリカからの「日本の文化」なので日本に住み日本の文化を持つ人からするとめっちゃ誇張されてる…ってなるかもしれへんけど、他者から見た日本はこんな感じなのかと知ることができた。
また渡辺謙とトム・クルーズの桜が咲いてる庭でふたりが会話するシーンは、桜という儚いものと死生観・命についての会話が見事に合っていて印象深かった。
そして池松壮亮が可愛いすぎる…
天皇「勝元がどのように死んだかを教えてくれ」

オールグレン「どのように『生きたか』をお伝えいたしましょう」

ここに尽きる
本当に大好きな映画
カッコいい日本人の生き様
武士道ってかっこいいね
なか

なかの感想・評価

3.5
映画館で観た。トムクルーズって誰?ってレベルの当時の私にはトムが出てるという画面の強さは理解できなかったけどいい映画だと思った気がする。内容は覚えてない。