大竹舜人

バットマン ビギンズの大竹舜人のレビュー・感想・評価

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)
4.6
B vs S : Dawn of Justice を観たいがための過去作品の鑑賞第1弾~begins~

社会の闇との戦いの幕開け。リアリティがコンセプト、そんな気がした、いやきっとそうなのだろう。
黒いスーツを身につけBATと化し、恐怖をもって悪を制す、僕の範疇にある正義のヒーローとはズレのあるものだったようにも思えた。しかし誰よりも悪を憎み、孤独な男が混沌に陥った社会と真正面から立ち向かう姿に痺れないわけがあるだうろか...
肉弾戦が好きなので作中にたくさん出てきてとてもおもしろかった。
ブルースが、こんな僕を見放さないのか?みたいなこと言った後のアルフレッドの「Never」が好き