haru

バットマン ビギンズのharuのレビュー・感想・評価

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)
4.3
ノーラン監督のバットマントリロジー第1弾。


SFが苦手目の私なので、いままでこの系統の映画からは眼を背けていたのだけれども。
現在上映中の「ジョーカー」が観たくて、じゃあせっかくだから映画館に行く前に「ダークナイト」も観ておこうと思い、調べてみたら3部作だったという事実に初めて気づき、じゃあ第1部から観ないとと思いたどり着いた本作「バットマン・ビギンズ」。


タイトルのとおり、いわゆるバットマン誕生までのストーリー。
ジョーカーは出てこず。


なんというか、男の深層心理をガッツリ掴まれてグチャグチャに揉みしだかれるような気分になる映画。
SF苦手目の私でも、ピアノを弾くと出現する隠し部屋やヒーローがゼロから完成して行くまでのプロセス、抜群のタイミングでヒロインの危機を救う為に現れる格好良さにはワクワクしてしまう。


スーパー脇役のおじ様たちの格好良さにもしびれっぱなし。


とにかくカッコ良い、がたくさん。


第1部でこんなにカッコ良いのに、事実上のメインである「ダークナイト」はどれだけ凄いんだろうと、次へのワクワクが止まらない。