KOKO

8 1/2のKOKOのレビュー・感想・評価

8 1/2(1963年製作の映画)
4.0
はっかにぶんのいち

置いてけぼりにされると覚悟していたものの、どんどん前のめりに。

夢と現実に縫い込まれていく感じがした。
それが心地よかった。
グイドを通してフェデリコ氏の脳内を見せてもらった。映画監督の頭の中、男の頭の中はこんな風になってるのか。

題名が単に8.5作目だからという理由なのも気負いがなくて素敵。でも数えちゃってるとこが子供っぽくてかわいい。

マルチェロ氏はハンサムの極みだ!