シュウ

ドラゴンボールZのシュウのレビュー・感想・評価

ドラゴンボールZ(1989年製作の映画)
2.0
???という感じで終わりました。

ストーリーの序盤はまだよかったのですが、徐々に説明不足による粗が目立ってきてしまい、作品に集中できなくなってしまいました。

40分と短い作品なので、そこらへんは仕方ないのかもしれませんが、見ていて、おいおい、いやいや、まじかよ。という心の声の口数が増えていきました。

しかし、20年以上も前のアニメーション作品にも関わらず、映像面ではあまり気になることはなかったです。さすがに古臭さは感じましたが、全然不満なく見れるレベルでした。

やっぱり、日本のアニメすごいなと思いました。