ハリーとトントの作品情報・感想・評価

「ハリーとトント」に投稿された感想・評価

老境を迎えたハリーと愛猫トントの傑作ロードムービー!老いの孤独感、人生の哀歓が情感豊に描かれてます。ハリーとトントの旅を通し、様々な事を考えさせられる純度の高い感動作!私的“猫”映画1位です。
区画整理でアパートを追い出された老人と、愛猫によるロードムービー。

他のねこ映画のねこたちなんかと比べると、まるで演技できてないトントが好き。
最後あっさり死んでしまって悲しい。
たんなるアウトローの偏屈じいさんでなく、ピアノを弾き、知的で優しく、教養があり、猫を愛するハリーも好き。
トントって猫とじいさんのほっこり系ロードムービー。

妻やおしゃべり友達に先立たれ、居候先の息子の家も居づらいのでプラッと気ままに旅に出る。

猫優先し過ぎなじいさんが色々トラブル起こしながらも、道中で出会ったヒッピーの聖地、コロラド州のコミューンを目指す家出少女や留置所で出会ったネイティブアメリカン、久々に会う子どもたち、孫との関係、初恋の人、これからの人

どれも深くは触れないのだけど、リアルで良い。
年を取ると、人と距離を測るのが上手なんだろうな。
うちのおばあも深く聞いてこないから安心出来るとこある。
にゃんこのトントも演技ができる訳でなく暴れたりガツガツご飯食べたり、自由で可愛い笑

のんびりしてて癒されたし眠くなったので睡眠導入剤としてもおススメ笑
おじいちゃんとにゃんこと、のんびり旅行したい人は観た方が良い。

年寄りで1人でも、気持ち次第じゃ悪くないって思える作品。
844

844の感想・評価

3.5
扱いずらいじいちゃんがトントと旅に出る。
友達も居ないし家族も微妙、なら相棒と知らない世界を見に行こう。
色んな人と出会ってアメリカ動き回る。
猫ばばぁいいやん。
あれは絶対トント。
最後のガキとのショット意味わからない。
猫の演技力無い。
miyade

miyadeの感想・評価

-
旅をしていると、なぜ自分がこんな所にいるのかよく分かんなくなることってあるよなぁ

旅は道連れ、世は情け的ムービーだにゃん🐈
おじいちゃんと猫の気ままなロードムービー。

旅をするほどもっと遠くに出掛けたくなる。
おじいちゃんに優しく寄り添う猫のトントが可愛い過ぎた。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.2
立ち退きで家を失った老人ハリーと愛猫トントとのロードムービー。ロードムービーらしく山あり谷ありと色んな人間との出会いありで、愛猫のトントが愛おしいこと。良き理解者というかパートナーみたいな感じ。
>|