そして誰もいなくなったの作品情報・感想・評価

「そして誰もいなくなった」に投稿された感想・評価

かくわ

かくわの感想・評価

3.5
タイトルは聞いたことあるような無いような という事で鑑賞。

離島に集められた人達が次々と殺されていく。
短い尺でテンポよく話が進んで行くのが良い。

今だったらもっと精神をえぐるようなシーンがあるのかも。
犯人が近くにいると分かっていても、そんなにパニックになる描写がない。

2019-066
pon

ponの感想・評価

3.3
犯人はこの中にいる系の割には、疑心暗鬼も推理も軽めでさくっと観れる。
誰もいなくなる…??
Arbuthnot

Arbuthnotの感想・評価

4.2
「U.N.オーエンは彼女なのか?」
というタイトルの歌が昔ゲーム好きな友人界隈で流行った。浅学でその当時は全くその元ネタを知らなかったが、この映画だったんだ、と観ながら当時のことを思い出した。

昔から好きなジャンルであるワンシチュエーションもの。古典にして金字塔。
犠牲者が増え容疑者が増えるにつれ高まる緊張感、恐怖感、猜疑心。

最後5分ほどで明かされるオチは、正直肩透かしをくらった気分になった。原作とは違うけど、作者アガサクリスティが脚本を手掛けた舞台とは同じ結末らしい。
1945年、明るい結末の映画が求められた時代なのかもしれない。
原作通りの結末も観てみたかった。

あと、紳士淑女の古き良き英語の会話劇も楽しめた。みんなお洒落なものの言い回しするなぁ。
途中で犯人わかってしまった。
犯人しか知り得ないこと喋っちゃって違和感感じた。
白黒意外と好きかも


いとをかし
けんし

けんしの感想・評価

3.9
これも未見やったので。原作のラストとは違うらしい。また戯曲版と1番近いとも。
いや最後まで観続けてしまいますよ。
なんとなく知ってるから、誰かは生きてんだな。
と、思っていたんですが、誰かはわからんかったんで。
無駄のない、いろいろなミステリの基盤となるような映画でした。
しかし、原作は読まなあかんな。
終戦直後にこんな映画が作れるとは、おそるべしアメリカ。
hiro

hiroの感想・評価

2.5
昔の映画なのに普通に見れてビックリ。
何度か寝落ちしそうになったが犯人誰なのか気になって最後は夢中になってた。
これが60年前の映画か…
白黒映画はじめて見たかも…
ANNA

ANNAの感想・評価

3.0
小説読みたいかな。
G

Gの感想・評価

2.8
登場人物の特徴がなさすぎて全然覚えられん。こうゆう犯人探しみたいな映画は登場人物に特徴ないとあかんくね?と途中まで思っていたけどラストまで見た時に、あ、これは推理させる気ないなと思った。犯人探しを楽しむための映画ではないなって思ったから何も考えず見たほうがいい。

ラストが一気にごちゃついて急に終わりが来るから終わった後めっちゃ考えてみるけど結局なんなのかさっぱりわからん。

とりあえず誰もいなくなったっちゃなった。
>|