ゴン吉

スパイダーマンのゴン吉のレビュー・感想・評価

スパイダーマン(2002年製作の映画)
4.1
MUCの人気キャラクターであるスパイダーマンの誕生を描いた作品。
監督はサム・ライミ、主演はトビー・マグワイア。

公立高校に通うピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は叔父夫婦と三人暮らし。
隣に意中の幼馴染の女子高生MJが住んでいるが、彼女はピーターの親友と付き合っていた。
ある日、高校でピーター達はコロンビア大学を見学に行く。
遺伝子操作して作った15匹のスーパースパイダーのうち、1匹が逃げ出し、ピーターの腕を咬んでしまう。
その時からピーターは手から蜘蛛の糸を出したり超人的な身体能力を発揮するようになる。
そんな折、育ての伯父が強盗に殺され、それがきっかけとなり、覆面コスチュームを着て、街の強盗を逮捕したり、火事場に取り残された乳児を助けたり、人助けの為にニューヨークの街をスウィングしながら飛び回るようになるが…….  

内気な男子高校生が偶然にもクモにかまれて超人となった主人公の活躍と苦悩を描いており、人間離れしたアクションやヴィランであるグリーンゴブリンとのバトルが楽しめます。
ヴィランは根っからの悪人ではなく、社会の歪によって生まれた、ある意味、犠牲者という設定が深いです。
幼馴染との恋の行方にも注目です。
「大いなる力には大いなる責任が伴う 僕に授けられた力は僕を一生呪い続ける 僕は誰かって? 僕はスパイダーマン!」 

2022.1 BS・テレ東で鑑賞(吹替)